NEW

JRAアイビスサマーダッシュ過去19回の優勝馬を徹底検証! そして浮上した今年狙うべき穴馬とは?

アイビスサマーダッシュで連覇を達成したベルカント

 今週はいよいよ夏の新潟開催が開幕、そして名物重賞レースであるアイビスサマーダッシュが行われる。芝の直線1000mの競馬で行われる、日本で唯一の重賞レース。そして日本である意味最も熱いレースと言えるかも知れない。スタートからゴールまで一直線、瞬きも許されない一瞬のスピード勝負だからだ。

 今年の出走メンバーは前走CBC賞で13番人気ながら逃げ切りを見せ、244万馬券の大波乱を演出したラブカンプー。鞍上は女性騎手の藤田菜七子で、ここを勝利すればJRA初の女性騎手の芝重賞勝利という偉業を成し遂げることになる。しかし、その前に大きな壁として立ちはだかるのが、前年の覇者ライオンボスだ。前走の韋駄天ステークスでも圧勝し、ここでは1番人気が濃厚。コース適性も抜群で実績的にも首位有望だ。さらに昨年2着だったカッパツハッチも逆転を狙っているし、韋駄天ステークス組からはクールティアラ、ジョーカナチャン、ナランフレグも出走予定。加えて2018年の優勝馬ダイメイプリンセスも侮れない存在だ。このレースはサマースプリントシリーズの第3戦に組み込まれているレースでもあるが、直線競馬のスペシャリストが揃ったこともあり、かなりの激戦となりそうだ。

 アイビスサマーダッシュは今年で20回目と歴史はまだ浅い。そして過去の勝ち馬を見てみると非常に個性的な馬が多い。中でも、過去にこのレースを2勝している馬が3頭いることに注目だ。カルストンライトオは後にスプリンターズステークスも勝利するなど、このレースを制した勢いのまま秋のG1レースも勝利している。2008年と2009年で連覇を達成したカノヤザクラはサマースプリント王者となり、続くスプリンターズステークスでも3着に好走。2015年と2016年2連覇を達成したベルカントも、サマースプリントシリーズで見事王者となっている。

 やはり直線1000mのスペシャリストが実績を残していることもあり、このレースを過去に勝利しているライオンボスとダイメイプリンセスは、特に注意が必要な存在といえる。1番人気が濃厚なライオンボス、そして年齢的に上位人気にはなりにくいダイメイプリンセス。配当的にも覚えておいて損はないだろう。

 他にも、このレースを勝ちスプリンターズステークスで馬券に絡んだ馬が多いのも特徴だ。メジロダーリング、サンアディユ、エーシンヴァーゴウ、ハクサンムーンなどかなり多くの馬が存在する。つまりこのアイビスサマーダッシュは、秋のG1レース開幕戦のスプリンターズステークスに向けても要注目のレースといえるのだ。

 そんなアイビスサマーダッシュを、是が非でも的中させたいと考える競馬ファンも多いはず。244万馬券が飛び出したCBC賞に、先週は中京記念が330万馬券、函館記念も343万馬券と大波乱。この夏、重賞レースは波乱続出でファンの財布が悲鳴をあげているからだ。つまり「このアイビスサマーダッシュで負けを取り戻したい」と考えるのは当然で、そのためにより確実性の高い方法を探っていると思われる。

アイビスサマーダッシュも波乱含み

 そんなファンにおすすめなのが、このアイビスサマーダッシュを現在6年連続で的中させている、競馬界のレジェンド集団「シンクタンク」の「アイビスサマーダッシュ情報」だ。昨年3連単2万7100円の万馬券を的中させるなど、シンクタンクは6年連続でこのレースを的中。過去を遡っても、3連単4万7230円、3連単5万8790円といった万馬券を的中させているのだから、この直線競馬を知り尽くすプロフェッショナルといって間違いあるまい。

 シンクタンクに所属するレジェンド集団は、ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元JRA調教師を筆頭に、史上最強との呼び声も高いマルゼンスキーの主戦を務めた中野渡清一元JRA調教師、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師、武豊よりも早くJRA初全10場重賞制覇を達成した安田富男元JRA騎手、そして境征勝元JRA調教師らが在籍。他にも競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍しており、その影響力は業界屈指。現役時代から続く人脈、そして各方面へのパイプによってシンクタンクは業界最高峰と言われる情報力を確立し、一般のファンやスポーツ紙などでは伝えることができない、つまり表に出回ることがない『本物の関係者情報』を入手することができる

ラジオNIKKEI賞で馬連万馬券ズバリ!これがシンクタンクの情報力だ

 そんな情報力による的中実績は、まさにトップを証明するもの。前述のアイビスサマーダッシュ6年連続的中に加え、芝1200mのG1レースである高松宮記念では、2万2830円の万馬券を的中させている。春のG1レースも7レースを的中させる高的中率を記録し、今年の夏競馬も見事な的中を連発させているのだ。そんなシンクタンクが今年のアイビスサマーダッシュにどんな手ごたえを感じているのか、7年連続的中は可能なのか、その答えを聞き出すことに成功した。

「もちろん、7年連続的中を目指して万全の情報収集を進めていますが、的中は目前といっても差支えはないでしょう。特にポイントは、掲示板を独占の可能性があるといっても過言ではない、5頭の情報馬がいること。その中には、納得の実力馬もいれば、現時点でマスコミがほとんどノーマークの意外な人気薄の馬もいます。つまり配当的にも申し分なく、期待値は上がる一方です。

 昨年2万馬券を的中させた時には、9番人気で3着に好走したオールポッシブルの取捨がポイントでした。同馬は前走まで17着16着16着と大敗続きで、ほとんどのマスコミは見向きもしなかった馬ですが、我々には買えるだけの強力な情報が届いていたのです。今年も同様の穴馬がいますので、ぜひご期待ください。

 なお、今回は特別にこのアイビスサマーダッシュの「情報馬5頭」を無料で公開します。競馬をさらに盛り上げていきたいという思いから公開している特別企画です。完全無料ですので、ぜひ遠慮なく利用してください」

 これは嬉しい誤算だ。まさかシンクタンクが独占入手したアイビスサマーダッシュの情報を、無料で入手できるとは思わなかったからだ。しかしこれは我々にとって絶好の機会であることは疑いようがない。今週のアイビスサマーダッシュで馬券を購入するなら、この「情報馬5頭」は必見、週末に向けてしっかりゲットしよう。
CLICK→【無料公開!アイビスサマーダッシュ「厳選情報馬5頭」】シンクタンク
※本稿はPR記事です。

JRAアイビスサマーダッシュ過去19回の優勝馬を徹底検証! そして浮上した今年狙うべき穴馬とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!