NEW

JRA 「千直マスター」はまだまだ健在!アイビスSD(G3)モンペルデュ騎乗の西田雄一郎騎手“あの体験”が今を支える!

JRA 「千直マスター」はまだまだ健在!アイビスSD(G3)モンペルデュ騎乗の西田雄一郎騎手あの体験が今を支える!の画像1

 26日、新潟競馬場で直線・芝1000m重賞、アイビスSD(G3)が行なわれる。

 競馬ファンに「新潟競馬場の直線芝1000mが得意なジョッキーは?」と尋ねたら、多くの人は西田雄一郎騎手の名前を口にするのではないだろうか。新潟芝1000mの通算成績は20勝・2着17回・3着20回とこの舞台では文句無い成績だ。

 最近は藤田菜七子騎手が西田騎手に肉薄する成績となっているが、比較してみると西田騎手の意気込みが違うことがわかる。

 藤田騎手がデビューした2016年から去年までの成績が7勝・2着4回・3着2回で、同じ期間の西田騎手の成績は7勝・2着4回・3着10回と、1、2着こそ同じ回数であるが3着の数がかなり違う。

 人気薄でも最後まで諦めない西田騎手の騎乗ぶりが数字に表れているようで、現に昨年、6番人気1着、4番人気1着、10番人気3着という成績もある。

 その西田騎手の気持ちは、昔の体験から起因しているようだ。

 西田騎手は1999年に一度騎手を引退している。自動車のスピード違反で出頭する準備をしていた時期に再度のスピード違反で起訴されたため、自ら騎手免許を返納した。

「騎手を引退した後、知人に紹介してもらったノーザンファームの山元トレーニングセンターで牧場スタッフになりました。6年ほど働きましたが、そこで経験した過酷な生活はすべて“財産”となったみたいですね。

他のスタッフとともに寝藁を返したり、引き運動をするなど、40頭ほどいる馬の脚を場長と一緒にチェックし、今までまったく知らなかった牧場ならではの苦労をすべて経験したようです。

この経験が一頭の馬に対して多くの人々の思いが詰まっていることや、オーナーの経済事情などを考えて乗るようになったきっかけかもしれません」(競馬誌ライター)

 2005年に再びジョッキーに戻った西田騎手は、とにかく最後まで諦めない騎乗を心掛けたのだろう。新潟の直線芝1000mをとことん研究し、自分のものにしていった。

「2016年12月の落馬で2度目の引退も考えた西田騎手に、現役続行を決断させたのはラインミーティアとの出会いでした。同馬は新潟の直線1000mを連敗したものの、落鉄などの不運もあったため、決して力負けではないと信じていた西田騎手。アイビスSDで8番人気の低評価を覆して勝利に導きました。どこかで心が折れそうになっても、必ず復活してくる西田騎手、この先も目が離せません」(同ライター)

 西田騎手はここ2年、アイビスSDの優勝から遠のいているが、コンビを組むモンペルデュ(牝4歳、栗東・松永幹夫厩舎)はダートの短距離戦で2度のレコードを記録したことのある快速馬だ。「千直マスター」の西田騎手ならあっと驚く快走を見せても不思議ではないだろう。

JRA 「千直マスター」はまだまだ健在!アイビスSD(G3)モンペルデュ騎乗の西田雄一郎騎手“あの体験”が今を支える!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!