NEW

パチンコ新台『P真・牙狼』ついに始動!「8万発」報告に続く「サプライズ」を期待する声!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ新台『P真・牙狼』ついに始動!「8万発」報告に続く「サプライズ」を期待する声!!の画像1

 2020年にデビューを果たした新機種が好評を得ているパチンコ。中でも業界のリーディングカンパニーSANKYOの『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』は、導入より高稼働を実現している。再販決定との情報も出るなど、まだまだホールを盛り上げてくれそうな気配だ。

 圧倒的な出玉スピードを実現した『P大工の源さん 超韋駄天』(SANYO)も大きな反響が寄せられている1台。RUSH継続率は驚異の約93%を誇る。その破壊力とスピード感は既存機最高峰。「時速4万発オーバー」も確認されるなど、日に日に注目は高まっている印象だ。

 出玉スピードという点では、サンセイR&Dの『P10カウントチャージ絶狼』も無視できない。本機最大のウリは「初代牙狼を超える」と宣言した「最高峰の時間性能」。1セット約148秒という高速消化を実現した。

 さらに右打ち時の大当りはALL1500発と「大量出玉」に期待できる仕様だ。「終日で8万発を超える出玉を記録」という情報も話題になるなど、ポテンシャルの高さが改めて注目されている。

『P10カウントチャージ絶狼』が好調のサンセイR&Dだが、先日は人気シリーズの甘デジスペック『PA GⅠDREAM駿』を発表。遊びやすいだけではなく、まとまった出玉も期待できる仕上がりに期待の声が浮上中だ。

 さらには、類まれなる出玉性能で一時代を築いた『牙狼』シリーズが検定を通過。登場の噂が絶えなかった最新作へ、熱視線が注がれている。

「シリーズ最新作の噂は以前からありましたが、『P真・牙狼RS』『P牙狼コレクションMA』と2機種が検定通過しましたね。後者に関しては『別スペックVerでは!?』と囁かれていましたが、果たしてどのような仕上がりとなっているのでしょうか。

パチンコ新台『P真・牙狼』ついに始動!「8万発」報告に続く「サプライズ」を期待する声!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事