NEW

JRAで「18億円」の荒稼ぎ!? “謎”のオッズ変動の原因は、中国の投資グループと予想ツールが影響している?

【この記事のキーワード】,

JRAで「18億円」の荒稼ぎ!? 謎のオッズ変動の原因は、中国の投資グループと予想ツールが影響している?の画像1

「タテ目だった。ボックスにすれば良かった」「最後の2択で悩んで切っちゃった」「馬連よりゾロ目枠連の方が好配当だった」

 競馬ファンにとって“あるある”の一例だ。レースの予想自体は概ね当たっているのだが、馬券の買い方を失敗するということは誰しも経験したことがあるのではないだろうか。

 そしてもうひとつ、「思ったよりも配当がつかなかった」ということもよく耳にするかもしれない。レース前のオッズでは高配当となっていたものが、いざ払い戻し金額が確定すると、自分が最後に見たオッズよりも予想外に下がっていたことである。

 もしかすると、この“謎現象”の原因に関係しているかもしれない事案が明らかになった。

 詳細は本記事を確認いただきたいのだが、21日に『中日新聞』が下記内容を報じている。

「2018年までの5年間に競馬の当たり馬券で得た利益、約18億円を申告していなかったとして、名古屋市中区の30代の中国人男性が昨年、名古屋国税局の税務調査を受け、所得隠しを指摘されていたことが関係者への取材で分かった。追徴税額は重加算税などを含め約10億円にのぼるもようだ」

「中国の投資グループから資金提供を受け、独自の競馬予想ソフトを使ってインターネットで馬券を大量購入していたとみられる」

 同記事によると、払い戻しが約95億円、経費(馬券代)が約77億円で差し引き約18億円の利益とのこと。過去に日本で“馬券裁判”となった事例の最高利益額が5億7000万円だったことを考えると、今回の件がいかにスゴイ金額かよくわかるだろう。

 この「独自の競馬予想ソフト」の内容がどのようなものかはわからないが、自動購入システムであることが予想される。そうなると、締め切り間際のオッズを参考に、“勝てる”馬券を”直前”購入をすることで、利益を上げていたという解釈もできるのではないだろうか。

 その結果、購入した馬券のオッズが、想定より異常に下がっていたという一見不可解な現象の原因となっていたということも、もしかしたら無関係ではないかもしれない。

「外国人の競馬による荒稼ぎといえば、2009年のUPROという会社による160億円の所得隠しが思い出されますね。国税局は任意調査として摘発するも、イギリス人社長に海外に資産を持ち逃げした後でした。今回の件も、当事者はすでに中国に帰国しているという話なので、どうなることやら……」(競馬記者)

 これまで日本で起きた馬券裁判では馬券代は経費と認められたうえで、対象者は納税を行っている。しかし、今回の件は所得隠しで脱税している点は大きく異なる。そして張本人が海外にいるとなれば、回収できるかも疑問が残る。

 今後の国税の動きに注目したいところだ。

JRAで「18億円」の荒稼ぎ!? “謎”のオッズ変動の原因は、中国の投資グループと予想ツールが影響している?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?