NEW

たかまつなな、お笑い芸人ながらNHK入局で話題もたった2年で退職……その理由は?

【この記事のキーワード】

, ,

たかまつなな、お笑い芸人ながらNHK入局で話題もたった2年で退職……その理由は?の画像1

 NHK職員でお笑い芸人の「たかまつなな」が14日、自身のTwitterで「この度、お世話になりましたNHKを辞めることにいたしました」と、同局から退職することを報告。今後は、時事YouTuberとして『社会問題解決型』の番組を作っていくことを発表した。

 たかまつは、2018年にディレクターとして入局。ところが、副業が禁じられているNHKにおいて他職をしていることが問題となっており、局内で軋轢を生んでいると一部メディアで報じられていた。結局、たった2年で退職することになってしまったわけだが、どういった背景があるのだろうか。

「自身のオンラインサロンが好調で、お金には困っていないようです。また一部では『次期衆議院選挙を見据えているのだろう』と言われています。彼女は小池百合子現東京都知事が主催する政治塾『希望の塾』に参加するなど政治家業への色気をみせていますし、時折、政治色の強い意見を述べることでも有名です。局内で居づらくなったことに加え、打算が働いた部分が大きいとささやかれています」(テレビ局関係者)

 たかまつは、在職中にはランチタイムの60分を3万円で販売していたほか、ブログに「副業のコツ」を指南するコラムを掲載。新人時代から革新的な行動を次々と巻き起こし、上層部からは「他の職員に悪影響」「放っておいていいのか」「視聴者からクレームがくる」と問題視されていた。

「入社から2年と、下積みすら終わってない段階での中途半端な退職に、周囲のスタッフからは何の実績すら残せていないと辛辣な意見が上がっています。残念ながらこれといった代表番組やコーナーはなく、『なんのためにNHKに入ったのか』『箔を付けたかったのか』『最初から就職しなければよかったのに』『こうなることは入局時から分かっていただろ』と叩かれていますよ」(同)

 これだけいろいろと言われているだけに、しがらみのないフリーという立場で存分に暴れてもらい、NHKを見返してもらいたいものだ。

たかまつなな、お笑い芸人ながらNHK入局で話題もたった2年で退職……その理由は?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!