NEW

パチンコ店「島封鎖」の「致命的アクシデント」発生!? 真夏に起きた「地獄のエピソード」

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店「島封鎖」の「致命的アクシデント」発生!? 真夏に起きた「地獄のエピソード」の画像1


 世間では梅雨が終わり、本格的な夏を迎えようとしております。外の気温が30度前後の猛暑となる地域もありますが、エアコンの存在は非常に有難く生活の必需品です。それはパチンコ店内も同様で、ホール内では常に涼しく過ごすことができます。

 汗がにじみ出る状態でホールへと入店した際、ヒンヤリとした空気がお客様を包み込み、「あー涼しい」と心地よい気持ちとなる方も多いでしょう。涼む事を第一目的で来店して遊技されている方も非常に多く、もはやホールは「真夏のオアシス」とも言える存在です。

 だからこそ、お客様に快適に遊技していただけるように「気温調整」することは、ホールの重要な業務のひとつです。私が勤めていたホールも店内の気温には非常に気を付けて営業しておりました。

 故に、スタッフはホール業務をこなしながらも、常に適正な気温を維持できるように気を付けなければならないのです。そうしないと、お客様からのクレームに繋がってしまう事もあります。

 余談ですが、私の場合は典型的な暑がりで、ホールを駆け回って体が火照ってしまいます。私が温度調節すると、お客様が寒いと感じるくらい気温を下げてしまう傾向がありました。隙あらば冷房を強めてしまうので、エアコンの操作は禁止されていたのです。

 話を戻します。つまり今の時期は、ホールの温度調節が非常に重要となっているわけですが…。

 実は、私はそんな真夏に忘れられない「地獄」を味わった経験がございます。

 あれはホール店員として働いていた数年前の出来事でした。外は30度を超える猛暑日で、店内は設置されているエアコンをフル稼働させて快適な気温を維持していたのです。

 お客様は涼しそうに遊技されておりましたが、ホールを縦横無尽に駆け回っていた私は汗だくでした。水分補給をこまめに行い、暑い思いを押し殺しながら笑顔でお客様と接していたのです。

 時刻は最も気温が上昇するお昼過ぎ。私は「仕事が終わったらキンキンに冷えたビールを飲みたいなあ」なんて現実逃避しつつも真面目に業務をこなしていたのですが…。しばらくして「ある異変」に気づきました。

パチンコ店「島封鎖」の「致命的アクシデント」発生!? 真夏に起きた「地獄のエピソード」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!