NEW

JRA川田将雅VS「ダノン×中内田充正」バトル勃発!? ダノンプレミアム半弟を中心に巻き起こるまさかの対決……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅VS「ダノン×中内田充正」バトル勃発!? ダノンプレミアム半弟を中心に巻き起こるまさかの対決……の画像1

 WIN5がキャリーオーバーになるという波乱とともに福島、阪神、函館の3場開催は先週で終了した。25日からは新潟、札幌の2場開催がスタートする。

 例年であれば小倉開催も行われるのだが、今年は東京オリンピック対応が敷かれた番組編成のため、異例の2場開催となる。3場から2場に減ることで、騎手、競走馬の“渋滞”が想定される。特に、例年であれば小倉を主戦場としている関西の騎手、厩舎にとっては痛手となるだろう。

 そんな中、新潟の開催初日で西の名門厩舎から1頭の期待馬がデビューを予定している。25日の新潟5R芝1600mに出走予定のダノンランディ(牡2歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 父ロードカナロア、母インディアナギャルという血統のダノンランディ。半兄に2017年の朝日杯FS(G1)を制したダノンプレミアムを持つ良血馬だ。父はディープインパクトからロードカナロアに変わるため、マイル前後が守備範囲といったところだろうか。また、兄を管理する中内田厩舎所属という点からも期待が高まる1頭だ。

「調教ではまずまずの動きを見せていますし、陣営からは『まじめな性格で、しっかり稽古を積んでいる』と評判です。6月デビューから2歳王者に上り詰めた兄に続いて、7月デビューから弟も羽ばたいてほしいものですね。

また、ケイアイファーム生産馬でダノックス所有馬といえば、兄ダノンプレミアムのほかにダノンバラード、ダノンスマッシュも該当します。ダノンランディは生産牧場、管理厩舎ともにダノンを象徴するような馬ですね」(競馬記者)

 ダノン、中内田厩舎といえば川田将雅騎手のイメージが強いが、今回の鞍上を務めるのは和田竜二騎手。川田騎手は同レースで、バラキエルという馬に騎乗を予定している。

JRA川田将雅VS「ダノン×中内田充正」バトル勃発!? ダノンプレミアム半弟を中心に巻き起こるまさかの対決……の画像2

「今回、川田騎手がバラキエルに騎乗するのは、先約だったと思われます。正直、期待度でいえばダノンランディの方が上ですからね。しかし、バラキエルはノーザンファーム生産で、シルクレーシングの所有馬。いまの競馬界の一大派閥ですからね……」(同)

 川田騎手と蜜月関係にあることでも知られている中内田厩舎。昨年は全国リーディングで4位、重賞8勝と大活躍だった。しかし、今年(19日現在)は全国リーディング25位、重賞未勝利とイマイチ波に乗れていない。また、ダノックスもダノンプレミアムで制した朝日杯FS以来、2年半以上JRAのG1勝利から遠ざかっている。オーナー、厩舎ともに悪い流れが続いているのだ。

 その一方、川田騎手はC.ルメール騎手と一進一退のリーディング争いを繰り広げており、21日のマーキュリーC(G3)をマスターフェンサーで制すなど絶好調だ。対照的な存在と言えるだろう。

 まさかの「ダノン×中内田」VS川田騎手という対決構図になった新潟5Rの新馬戦。果たしてどちらに軍配は上がるだろうか。

JRA川田将雅VS「ダノン×中内田充正」バトル勃発!? ダノンプレミアム半弟を中心に巻き起こるまさかの対決……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!