NEW

JRA藤田菜七子ラブカンプーに「千直女王」が貫禄の先着! アイビスSD(G3)「2018年ワンツー」豪華併せ馬制した夏女ダイメイプリンセスに激走ムード!

JRA藤田菜七子ラブカンプーに「千直女王」が貫禄の先着! アイビスSD(G3)「2018年ワンツー」豪華併せ馬制した夏女ダイメイプリンセスに激走ムード!の画像1

“千直女王”が、まずは貫禄を示した。

 26日に新潟競馬場で行われる、夏の名物重賞アイビスサマーダッシュ(G3)。今年は昨年の覇者ライオンボスが大本命としてレースを迎えることになりそうだがが、ここに来て一昨年の覇者ダイメイプリンセス(牝7歳、栗東・森田直行厩舎)が激走ムードを帯びてきた。

 今春の高松宮記念(G1)で17着に大敗。近5走では掲示板(5着以内)にすら載れず、“終わった感”があったダイメイプリンセス。しかし、前走の韋駄天S(OP)では、ゴール前で鋭く伸びて3着を確保。森田直行調教師も「直線競馬の適性はすごい」と再認識したという。

「ここ数戦は見るところがなかったんですが、やはり千直は走りますね。前が壁になって追い出しを待たされるなど、決して楽な展開ではなかったんですが、前が開いてからの伸び脚は相変わらずの一級品です。

今年で7歳ですが、あの展開でライオンボスに0.1秒差なら上々。今回は明らかに速いメンバーが集まりましたし、逃げるライオンボスを巡ってペースが速くなるなら逆転まであるかもしれませんよ」(競馬記者)

 そんな記者の言葉を裏付けたのが、22日に行われた最終追い切りだ。

JRA藤田菜七子ラブカンプーに「千直女王」が貫禄の先着! アイビスSD(G3)「2018年ワンツー」豪華併せ馬制した夏女ダイメイプリンセスに激走ムード!の画像2

 秋山真一郎騎手を背に栗東の坂路で行われた併せ馬のパートナーは、同じくアイビスSDに出走するラブカンプー。重賞勝ち馬同士による、豪華な“前哨戦”が行われた。

 結果は2頭とも馬なりながら、しっかり追われてダイメイプリンセスが1馬身先着。手応えには余裕もあり、森田調教師も「気温が上がると元気になる馬。前回よりも体調はいい」と小さくはない手応えを得ているようだ。

「ラブカンプーが調教駆けする馬ではないので、予定通りの先着でしたが、それでもダイメイプリンセスの調子が良いことは明らか。騎乗した秋山騎手は『まだ走りが硬い』と厳しいコメントでしたが、辛口になるのは期待している証拠ですし『前回よりはマシになった』とも話していましたよ」(別の記者)

 一昨年のアイビスSDに、昨年の北九州記念(G3)と重賞2勝はともに夏。昨年のアイビスSDは2番人気ながら6着に敗れたが、スタートの出遅れが響いた格好だけに大きなマイナスではない。

「一昨年勝った時と同じぐらいの出来にあるし、外枠さえ当たれば十分勝負になると思います」

『デイリースポーツ』の取材にそう答えた森田調教師。一昨年のアイビスSDではワンツー・ゴールを決めたダイメイプリンセスとラブカンプー。人気は藤田菜七子騎手のラブカンプーだろうが、こちらも“色気”は十分だ。

JRA藤田菜七子ラブカンプーに「千直女王」が貫禄の先着! アイビスSD(G3)「2018年ワンツー」豪華併せ馬制した夏女ダイメイプリンセスに激走ムード!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点