NEW

JRA大量12頭出しで勝利をゲット!? “ミルファーム軍団”が夏の新潟開催開幕戦をジャック!!

【この記事のキーワード】,

JRA大量12頭出しで勝利をゲット!? ミルファーム軍団が夏の新潟開催開幕戦をジャック!!の画像1

 夏の新潟の風物詩になりつつある光景が、今年はさらにパワーアップしているようだ。

 25日(土)新潟1R・2歳未勝利戦(芝直線1000m)。16頭立てで行われるここに、(有)ミルファームが12頭も所有馬をエントリー。今年も白に赤格子、赤袖の勝負服の騎手を背に乗せて、夏の新潟開催の幕開けに華を添える。

 これまでもミルファームは大量の多頭出しを行っており、17年8月5日の新潟2R、18年8月4日の新潟2R、19年8月3日の新潟4Rで、同一オーナーによる9頭出しというJRA記録を持っていた。今回はそれを3頭も上回ることになる。

 ミルファームの清水敏代表取締役は「デイリースポーツ」の取材に対し、ここが目標の一環だと明かし、「レースの勝ち負けはともかく、育成(牧場)と厩舎のコミュニケーションがうまく行っているからこそ、これだけ送り出せたのだと思っております」と胸を張る。

「壮観の一言ですね。この光景を楽しみにしている競馬ファンもいるのではないでしょうか。ただ清水代表も『レースの勝ち負けはともかく』と語っている通り、9頭出しで挑んだ過去3戦で、勝利したのは18年の1度のみと、少々寂しい結果に終わっています。

 ただ今年は前走の4日福島・2歳新馬戦(芝1200m)で3着だったマクフィ産駒ギョベクリテペ、12日福島・2歳新馬戦(芝1200m)で5着のリーチザクラウン産駒アッシュグレーらが人気を集めると見られています。“大量”多頭出しは1勝2敗ですが、今年で五分に戻す可能性もありますよ」(競馬誌ライター)

 これまでも同じ勝負服の馬が大量に出走するため、実況アナウンサー泣かせだと言われていたが、今年は例年を上回る数で“ミルファーム軍団”が登場。ここがアナウンサーの腕の見せどころだろう。混乱せずに、名調子での実況に期待したい。

 ミルファーム軍団が数に物を言わせて勝利を収めるのか、それとも他の陣営がそこに割って入るのか。色んな意味で発走が待ち遠しい。

JRA大量12頭出しで勝利をゲット!? “ミルファーム軍団”が夏の新潟開催開幕戦をジャック!!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!