NEW

JRA M.デムーロ「ルメール祭り」参戦拒否の意外な理由!? 夏の北海道「毎年のように行きたい」ながらも……

【この記事のキーワード】

,

JRA M.デムーロ「ルメール祭り」参戦拒否の意外な理由!? 夏の北海道「毎年のように行きたい」ながらも……の画像1

 今週末から、いよいよ開幕を迎える札幌競馬。今年は延期となった東京五輪、または熱中症対策の影響で、8月9日までの小倉競馬が中止。新潟との2場開催となることで、例年以上の激戦が期待される。

「札幌は好きな場所」

 しかし、今年も主役の大本命はこの男だろう。『スポニチ』の取材に応じたC.ルメール騎手が「函館は前が有利だけど、札幌は僕に合っている(笑)」と、2年連続の札幌リーディング獲得に自信を見せている。

 昨年は開催26勝を上げる、まさに“ルメール祭り”。8勝の2位に18勝差をつけ、開催最終日を待たずにリーディングを決めてしまった。

 今年も初陣となる土曜1Rに、デビュー戦で圧倒的な支持を集めながらも2着に敗れたハープスターの全弟アークライトがスタンバイ。好スタートを決めて、今年の札幌も“ルメール色”に染めるつもりに違いない。

JRA M.デムーロ「ルメール祭り」参戦拒否の意外な理由!? 夏の北海道「毎年のように行きたい」ながらも……の画像2

 その一方、頑なに札幌へ参戦しない男がいる。ルメール騎手と同時にJRA騎手となったM.デムーロ騎手だ。

 2人がJRA騎手となった2015年以降、「涼しいのが良い」と毎年夏は北海道へ参戦し2016、17、19年と3度の札幌開催リーディングを獲得しているルメール騎手。そんなフランス人騎手に対して、イタリア人のデムーロ騎手の北海道滞在は皆無……。

 函館・札幌を合わせても通算わずか9勝と、ほぼ参戦していない。

「デムーロ騎手は今週も新潟で騎乗している通り、最近の夏は新潟がメイン。北海道には、重賞で有力馬に騎乗する場合や、札幌で開催されるワールドオールスタージョッキーズに参戦する場合以外で参戦することは、ほぼない印象です」(競馬記者)

 やはり、自身がライバルと公言するルメール騎手が、これだけ幅を利かせている舞台は避けたいのだろうか。それともデムーロ騎手には、北海道に行きたくない特別な理由があるのだろうか。

 記者からは「意外な話」が聞けた。

JRA M.デムーロ「ルメール祭り」参戦拒否の意外な理由!? 夏の北海道「毎年のように行きたい」ながらも……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!