NEW

JRAライオンボスに並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? アイビスサマーダッシュ(G3)は「堅い軸」と「激走穴馬」で高配当も!? 激アツ情報をもとに「3点」勝負!

JRAライオンボスに並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? アイビスサマーダッシュ(G3)は「堅い軸」と「激走穴馬」で高配当も!? 激アツ情報をもとに「3点」勝負!の画像1

 26日、新潟競馬場でアイビスサマーダッシュ(G3)が開催される。新潟名物「千直」で行われる唯一の重賞は「外枠有利」という定説があるように、過去10年で8枠が4勝と圧倒的な成績を残している。だが、2枠は勝利こそないものの複勝率では8枠を上回っていることからも、内枠の軽視は禁物だ。

 また、過去10年で1番人気が7勝しており、3連単の配当が10万円を超えたのは1度だけと、比較的堅い決着傾向にある。軸馬をしっかり見定めることが馬券攻略に繋がるだろう。今回、「強力現場ネタ」からアイビスサマーダッシュをハナビ杉崎が攻略する。


 まず、「◎」はライオンボス(牡5歳、美浦・和田正一厩舎)だ。

 直線競馬のスペシャリストである前年王者が2連覇を目論む。千直で【4,1,0,0】と抜群の成績を残していることからも、堅い軸として見逃すことはできないだろう。前走の韋駄天S(OP)はトップハンデの57.5キロを背負いながらも勝利しており、57キロとなる今回は“確勝級”と呼べるかもしれない。

「前走は斤量差がある中、2番手からのレースでねじ伏せるような強い勝ち方でした。陣営は『不安らしい不安はない。ここまでの調整も至って順調』と自信に溢れています。自分の走りさえできれば、勝ち負け間違いなしと言えそうですね」(競馬記者)

 昨年は6枠11番から勝利。今年はそれより外枠となる7枠13番を引き当てた。前走でハナを切らなくても問題ないことを証明した千直の“ボス”は死角なしといったところだろうか。

JRAライオンボスに並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? アイビスサマーダッシュ(G3)は「堅い軸」と「激走穴馬」で高配当も!? 激アツ情報をもとに「3点」勝負!の画像2

 次に、「〇」はダイメイプリンセス(牝7歳、栗東・森田直行厩舎)だ。

 こちらは一昨年のチャンピオン。前走の韋駄天Sではライオンボスとタイム差0秒1の3着に好走し、改めて千直適性を示した。今回、同レース2着のジョーカナチャンとの斤量差が1キロ埋まるため、逆転は十分にあるはずだ。

「夏馬らしく体調は上向き。毛ヅヤや馬体の張りも良くなっているし、いい感じでレースを迎えられそうです」(厩舎関係者)

「前走は本調子でないにもかかわらず好走しました。年齢的な衰えは感じられませんし、舞台も合っています。秋山真一郎騎手は『明らかに前走から1段階良くなっている』と状態面に太鼓判を押しています」(競馬記者)

 6着に敗れた昨年は1枠2番からの発走に加えて、スタートで遅れたことが敗因。今年は4枠8番と真ん中の枠を引き当てたため、昨年より期待が持てそうだ。ライオンボスに次ぐ、堅い軸として対抗に指名する。

JRAライオンボスに並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? アイビスサマーダッシュ(G3)は「堅い軸」と「激走穴馬」で高配当も!? 激アツ情報をもとに「3点」勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声