NEW

JRA安藤勝己氏ライオンボス「スプリンターズS(G1)挑戦」を示唆!? アイビスSD(G3)限界見せた千直王者の「今後」と「進化の軌跡」とは

JRA安藤勝己氏ライオンボス「スプリンターズS(G1)挑戦」を示唆!? アイビスSD(G3)限界見せた千直王者の「今後」と「進化の軌跡」とはの画像1

 26日に新潟競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第3戦アイビスサマーダッシュ(G3)は、2番人気のジョーカナチャンが優勝。一方、1番人気ライオンボス(牡5歳、美浦・和田正一郎厩舎)は、アタマ差の2着に敗れた。

「悔しいですね……」

 開口一番、主戦の鮫島克駿騎手からは重い言葉が紡ぎ出された。いつも通り好スタートを決めたライオンボスだったが「前半はジョーカナチャンの方が速くて、ついていけなかった」と振り返った通り、勝ち馬に主導権を奪われ、得意の逃げに持ち込めず。最後は馬体を併せる形に持ち込んだが、アタマ差だけ競り負けた。

「千直のチャンピオンとしてファンに支持してもらっているので、結果を残さないといけない立場。申し訳ない」

 2着とはいえ、単勝2.4倍の1番人気馬での敗戦だけに鮫島克騎手もガックリ。昨年のアイビスSD直前で落馬負傷し、ライオンボスは田辺裕信騎手が代打を務めて優勝。今年の挑戦には期するものがあっただけに、ショッキングな敗戦となってしまった。

 しかし、その一方で記者はライオンボスの今後に向けた「進化の軌跡」が垣間見えた一戦だったという。

JRA安藤勝己氏ライオンボス「スプリンターズS(G1)挑戦」を示唆!? アイビスSD(G3)限界見せた千直王者の「今後」と「進化の軌跡」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!