NEW

平手友梨奈、食べ過ぎでリバウンドに不安… 「大人怖い」発言で欅坂46の“闇”も?

【この記事のキーワード】

,

平手友梨奈、食べ過ぎでリバウンドに不安… 「大人怖い」発言で欅坂46の闇も?の画像1

 10月公開予定の映画『さんかく窓の外側は夜』に出演する元欅坂46平手友梨奈が、7月21日発売の女性ファッション誌『ViVi』(講談社)9月号に登場。

 その中で、同映画で共演する俳優の岡田将生と志尊淳との交流について語り、そのふたりから妹のように「可愛がられている」というエピソードを明かしたのだが……。

 一部のファンの脳裏には、あの悪夢がよみがえっているという。

「一緒に焼き肉屋へ行った際、岡田と志尊はまるで保護者のように『私にゴハンを食べさせようとしてくる』とのことで、お腹いっぱいだと主張しても大サイズの白米を勝手に注文されることもあったそうです。

ただ、激しいダンスが要求されたアイドル時代なら多くのカロリーを消費できますが、いまの運動量は現役時代ほどではないでしょう。そのため、『急激に太らないか心配』『また“太った”って言われちゃうよ……』など、かつての“ぽっちゃり時代”を思い出すファンも少なくないようですね」(芸能関係者)

 同誌では、50の質問に答える企画にも挑戦していた平手。ただ、その中で「怖いものを3つ挙げてください」という問いに対し「怖い大人」と答えたことで、一部のファンから疑問の声が上がったという。

「これまでグループがリリースした8枚のシングル表題曲すべてでセンターを務め、“絶対的エース”として活躍してきましたが、デビュー当初の元気にはしゃぐ姿は次第に見せなくなり、最終的に“笑わないアイドル”としてのイメージが強く残ることに。

ネット上では、大ヒットしたデビュー曲『サイレントマジョリティー』の“大人たちに支配されるな”という歌詞に絡めて『アイドル時代は支配されまくっていそう』『自分のことを押し殺していたのかな』など、憶測の声が寄せられていました」(芸能記者)

 一方、同映画の公式Twitterで企画されたリレー動画で、志尊から「てちてちてっちっちー」とテンション高めで自己紹介するよう無茶振りされた際、顔を横に振ったり両手で隠したりと“ぶりっ子風”のリアクションを見せた平手。グループのしがらみから解放された今、本来の無邪気な姿に戻りつつあるのかもしれない。

平手友梨奈、食べ過ぎでリバウンドに不安… 「大人怖い」発言で欅坂46の“闇”も?のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!