NEW

JRA堅いクイーンS(G3)も今年は波乱濃厚!? 人気馬にとって「不吉」なデータが継続中

JRA堅いクイーンS(G3)も今年は波乱濃厚!? 人気馬にとって「不吉」なデータが継続中の画像1

 8月2日、札幌競馬場では牝馬の重賞クイーンS(G3)が行われる。クイーンSとはいえば、過去10年で1番人気が5勝、2番人気が3勝の計8勝を挙げているように”堅い”レースとしても知られている。

 今年の出走予定馬では『netkeiba.com』の予想オッズによるとフェアリーポルカ、スカーレットカラー、コントラチェックの3頭に人気が集まりそうだ。上位人気馬が勝利している例年の流れからすると勝ち馬はこれら3頭から出て来る可能性が高いだろう。

 だが、もしかすると今年は思わぬ波乱が待ち受けているかもしれない。そこで気になるのが、最近の重賞の傾向である。6月21日に行われたユニコーンS(G3)をカフェファラオ、函館スプリントS(G3)をダイアトニックが、それぞれ1番人気で制したものの、以降は9連敗中なのだ。

■最近の重賞勝ち馬と人気
6.28 宝塚記念(G1)   クロノジェネシス   2番人気
7.5 CBC賞(G3)    ラブカンプー     13番人気
7.5 ラジオNIKKEI賞(G3)バビット       8番人気
7.12 七夕賞(G3)    クレッシェンドラヴ  3番人気
7.12 プロキオンS(G3) サンライズノヴァ   5番人気
7.18 函館2歳S(G3)  リンゴアメ      10番人気
7.19 中京記念(G3)   メイケイダイハード  18番人気
7.19 函館記念(G3)   アドマイヤジャスタ  15番人気
7.26 アイビスSD(G3) ジョーカナチャン   2番人気

 9レース中の5レースが、ハンデ重賞であることも波乱に拍車をかけているが、夏競馬に入って波乱続きであることは間違いなさそうだ。先週のアイビスSDでも、確勝級と見られていたライオンボスが敗れたばかりなだけに、今週も油断はできないだろう。

「今年のクイーンS出走予定馬に3歳馬の出走がないのも影響がありそうです。クイーンSは3歳馬が強いレースでもあり、過去10年でも4勝と好相性でした。

前走G1組が結果を出しているとはいえ、ヴィクトリアマイルに出走したコントラチェックは14着、スカーレットカラーも15着と見せ場もなく惨敗した馬だけにアテにはならなさそうです」(競馬記者)

 夏は牝馬と言われる格言にしても牝馬限定の重賞では意味もない。

 ここは思い切って9連敗中の1番人気よりも、半数近くとなる4勝を挙げている二桁人気の大穴を狙ってみるのも面白いかもしれない。

JRA堅いクイーンS(G3)も今年は波乱濃厚!? 人気馬にとって「不吉」なデータが継続中のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!