NEW

パチンコ新装初日に起きた「珍事件」!? 新人スタッフを襲った「悲劇の黒幕」は…

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ新装初日に起きた「珍事件」!? 新人スタッフを襲った「悲劇の黒幕」は…の画像1


 パチンコ店は、遊技台のトラブルなどが起きないように、メンテナンスやチェックをこまめに行っております。これはお客様へ快適に遊技できる環境を提供するために必要不可欠です。

 しかし、どれだけ事前準備を行っても「トラブルが起きやすい日」がございます。

 それは「新台入替の初日」です。

 入替を行う遊技台の数にもよりますが、数百台クラスの大規模な入替を要する場合は、作業に何時間も掛かります。スタッフの人出が足りない場合は、台の設置業者に依頼して手伝ってもらわなければなりません。

 新台入替の前日に店休日を設ける事が義務付けられている地域では、丸一日を入替作業に使う事ができます。しかし、店休日のない地域は、閉店後から次の日の開店時間までに入替作業を完了させないといけません。その労力は、ご理解いただけるのではないでしょうか。

 私の勤めていたホールには店休日がありませんでした。大規模な入替の際は、夜に出勤して次の日の開店時間までぶっ通しで仕事をする事もありました。そのような状況で、数百台クラスの入替を長時間やっていると「何かしらのミス」が起きても不思議ではありません。そのミスが、なんてことはない些細なものであれば問題ありませんが…。

 中には遊技が不可能となる重大なミスによって「深刻なトラブル」へと繋がってしまう事もあるのです。

 今回は、私が「新台入替の初日」で体験した「大事件」になりかけた印象深いエピソードをご紹介いたします。

 その日は、年に数回あるかどうかの超大型の新台入替の初日。私は前日の閉店後から朝まで入替作業を行い、夕方に遅番として出勤するという超過酷なスケジュールでした。

 昼間に睡眠をとったとはいえ、重労働の疲れは癒えません。新装初日の遅番では勤務開始から既にフラフラでした。しかし、疲れていると言って適当に業務をするわけにはいきません。己に喝を入れて親切丁寧な接客を心がけていたのです。

パチンコ新装初日に起きた「珍事件」!? 新人スタッフを襲った「悲劇の黒幕」は…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!