NEW

JRA「お酒、大声」はお控えを……。新潟開催で客入れ再開! “新しい観戦様式”で秋競馬は中山、中京も有観客開催か

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「お酒、大声」はお控えを……。新潟開催で客入れ再開! 新しい観戦様式で秋競馬は中山、中京も有観客開催かの画像1

 30日、JRAは8月15日から9月6日までの第3回新潟競馬で、指定席を購入した「新潟県内在住者」に限定して、競馬場への入場を再開することを発表した。同期間に開催される第2回小倉競馬、第2回札幌競馬は、引き続き無観客での開催となる。

 指定席は事前にインターネットで購入する必要があり、来場者特定のために1人1席の購入制限となっている。入場時には本人確認、検温が行われ、マスクの着用は必須。また、発売される指定席はキャパシティの半数にあたる約600席となっており、観客同士の間隔を空けて新型コロナウイルス感染予防対策が施される。

 また、競馬場内のサービスは各種イベントが中止、一部営業していない食堂・売店や販売していないメニューがあるとのこと。そして、お酒については「競馬場内でのアルコール飲料の販売は休止いたします。また、競馬場内での飲酒はお控えください」と発表している。

 2月29日の無観客開催から約半年、ついに待ちに待った“有観客開催”が始まる。多くのファンは長らく待ち侘びたことだろう。だが、新潟県在住が条件となっているため、該当するファンの方が圧倒的に少ないのが現状だ。

「新型コロナウイルスの感染者数が過去最高を記録しているこのタイミングで、JRAが有観客開催を発表したのは意外でしたね。今日(30日)なんか、東京の感染者数は360人を超えており、厳しい状況が続いてますからね……。

今回、新潟だけ客入れするのは、秋に向けたテストの意味が大きいでしょう。9月から始まる中山、中京開催でも同様の手法で運営可能か検証するはずです。また、同じ時期に開催される札幌、小倉よりも新潟の方が感染者数は少ないですし、JRA本部から飛行機を使わずに、車で行き来できるということも新潟で客入れする決め手のはずですよ」(競馬記者)

 すでにばんえい競馬、岩手競馬では客入れでの開催が再開している。それに続いて、浦和競馬でも8月12日から311名を上限に有観客開催を行い、大井競馬でも9月の入場再開を目指し、8月に招待制でのテスト入場を行うことを発表している。このように地方競馬を含めて、徐々に通常開催へと近づきつつあるのだ。

JRA「お酒、大声」はお控えを……。新潟開催で客入れ再開! “新しい観戦様式”で秋競馬は中山、中京も有観客開催かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!