NEW

JRAクイーンS(G3)「夏男」内田博幸で逆襲必至!? シャドウディーヴァ激走の条件は名手の豪腕がカギ!

JRAクイーンS(G3)「夏男」内田博幸で逆襲必至!? シャドウディーヴァ激走の条件は名手の豪腕がカギ!の画像1

 8月2日、札幌競馬場で行われるクイーンS(G3)に出走するシャドウディーヴァ(牝4、美浦・斉藤誠厩舎)は内田博幸騎手とのコンビで重賞初勝利を狙う。

 19年のフローラS(G2)を2着、今年の東京新聞杯(G3)を2着と、これまであと一歩のところで勝利を逃しているが、すでに重賞勝てるだけの力は備わっている。

 3走続けて凡走を続けているが、展開や馬場が向かなかったことを考えれば悲観するほどの内容でもない。不良馬場で逃げ馬が行ったままに終わったエプソムC(G3)は度外視も可能だ。今年のクイーンSで上位人気が予想されるコントラチェックやスカーレットカラーにもヴィクトリアマイル(G1)で先着している。

 また、大きな援軍となりそうなのがコンビを組む内田博幸騎手である。

 内田騎手は5月までは重賞未勝利だったが、6月に入ってエプソムC(G3)を9番人気ダイワキャグニーで優勝。7月に入ってもその勢いはとどまらず、ラジオNIKKEI賞(G3)を8番人気バビット、七夕賞(G3)を3番人気クレッシェンドラヴで制して2週連続の重賞勝ち。

「この2ヶ月は内田劇場といえるほど冴えていましたね。エプソムCはダイワキャグニーで逃げ馬をピタリとマークしての抜け出し。ラジオNIKKEI賞は落馬負傷した団野大成騎手の代打騎乗となったバビットで強気の逃げで5馬身差の圧勝。

七夕賞のクレッシェンドラヴは重馬場を逆手に取った見事なコース取りで勝利しました。2着馬とは騎手の差だったといっても過言ではありません。夏競馬で好調なだけに、『騎手買い』で狙ってみるには面白い存在になりそうですよ」(競馬記者)

 内田騎手の重賞勝率が二桁を超えたのは2013年以来、7年ぶりのことである。昨年は年間通しても2勝だったことを考えると今年はかなりのハイペースである。

 かつてリーディング騎手に輝いたこともある内田騎手。G1・4勝を挙げたゴールドシップとは名コンビだった。

 クレッシェンドラヴの七夕賞勝利には絶妙なコース取りで制したゴールドシップの皐月賞(G1)を思い浮かべたファンもいたのではないだろうか。

 重賞初勝利を目指すシャドウディーヴァにとっては最高のパートナーとなりそうだ。

JRAクイーンS(G3)「夏男」内田博幸で逆襲必至!? シャドウディーヴァ激走の条件は名手の豪腕がカギ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!