NEW

JRA馬主「元メジャーリーガー」が“大魔神”超えを狙う!? ロッテ現役コーチの愛馬は秋華賞(G1)が大目標!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA馬主「元メジャーリーガー」が大魔神超えを狙う!? ロッテ現役コーチの愛馬は秋華賞(G1)が大目標!の画像1

 先週土曜日(7月25日)の新潟12レース(1勝クラス、芝1600m)を豪快に差し切ったツルネ(牝3歳、美浦・高橋文雅厩舎)という3歳牝馬をご存じだろうか。

 今年1月にデビューを果たし、成績は5戦2勝2着2回。まだ2勝目を挙げたばかりで、血統も決して派手ではない。特別競走の出走経験もなく、普通なら無名に近い存在のはずだが、デビュー時から“そこそこ”話題に上っている。

 その理由は、オーナーがメジャーリーグでも活躍した元プロ野球選手の吉井理人氏だからだ。吉井氏は、1980年代から24シーズンにわたってプロ野球とメジャーリーグで投手として活躍。現在は千葉ロッテ・マリーンズで投手コーチを務めている。

 吉井氏は野球解説者時代の2013年にJRAの馬主資格を取得。ツルネは4頭目の所有馬である。吉井氏にとってJRAでの初勝利は2019年、3頭目の所有馬でツルネの半兄にあたるマゼという現役の4歳牡馬だった。ツルネは吉井氏にとって初めての2勝馬ということになる。

 元プロ野球選手で馬主といえば、大魔神こと佐々木主浩氏が最も有名だろう。他にも現在、横浜DeNAベイスターズで二軍監督を務める三浦大輔氏や、一口馬主としてなら元中日ドラゴンズの山本昌氏もG1・2勝馬のアルアインに出資していたことで知られる。

 馬主としての実績はやはり佐々木氏が際立っている。これまで所有した競走馬は25頭ほどと決して多くはないが、その中からヴィルシーナ、シュヴァルグラン、ヴィブロスの3頭がG1を勝利している。ただし、引きが強いと言われる佐々木氏だが、重賞初制覇は2012年にクイーンC(G3)を制した8頭目の所有馬ヴィルシーナ。しかし、5頭目の所有馬マジンプロスパーも同月に阪急杯(G3)を制しているため、購入順ではマジンプロスパーが最初に重賞制覇をもたらした馬となる。

 話はツルネに戻るが、同馬は1勝クラスを勝ち上がったばかりだが、次走は紫苑S(G3、9月12日中山芝2000m)かローズS(G2、9月20日中京芝2000m)の秋華賞トライアルを目指すことが明らかになっている。前走の勝ちっぷりから、どちらに出てきても勝機はあるだろう。もしツルネが勝てば、佐々木氏を上回る4頭目の所有馬での重賞制覇がかなう。

 吉井氏はツルネが2勝目を挙げた2日後に自身のブログに次のように記している。

「練習中だったのでライブでレースは見られなかったが、ゲーム前に録画で見ました。今回も種市の投球ビデオより、多く見てしまいました。秋が楽しみになってきました」(7月27日、吉井理人オフィシャルブログより)

 種市というのはレース当日の25日に先発したロッテの種市篤暉投手のこと。教え子の投手を引き合いに、短文ながら愛馬への強い思いが伝わる内容だ。ちなみに種市投手はその日の登板で強力・西武打線を4安打に抑え、完封勝利を飾った。吉井氏にとっては馬主として、そして投手コーチとして最高の一日になったのは言うまでもない。

 まだ馬主としては“駆け出し”の吉井氏。果たして佐々木氏よりも早い4頭目での重賞制覇はかなうだろうか。

JRA馬主「元メジャーリーガー」が“大魔神”超えを狙う!? ロッテ現役コーチの愛馬は秋華賞(G1)が大目標!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!