NEW

JRAヴィルシーナの仔ディヴィーナ“回避“の間隙を突く!? 放馬トラブルを乗り越えキングカメハメハ産駒の大物ククナがデビュー戦Vを狙う!!

【この記事のキーワード】

, ,

JRAヴィルシーナの仔ディヴィーナ回避の間隙を突く!? 放馬トラブルを乗り越えキングカメハメハ産駒の大物ククナがデビュー戦Vを狙う!!の画像1

 8月1日の新馬(札幌・芝1500m)は、新種牡馬モーリス、母は13年と14年のヴィクトリアマイル(G1)を連覇した名牝ヴィルシーナの良血馬ディヴィーナ(牝2、栗東・友道康夫厩舎)が、武豊騎手で登場するため熱視線が送られていた。

 ところが、直前になって管理する友道調教師が「動きに物足りなさを感じるので、今週は使いません」と明言。成長を促す意味を込めて、放牧に出されることになった。

 人気を集めていた素質馬が回避とあって、少々白けた雰囲気も漂いつつある。だが、その1戦で代わりに中心的存在となるのが、父キングカメハメハ、母は15年の桜花賞(G1)2着、オークス(G1)3着と好走したクルミナルのククナ(牝2、栗東・栗田徹厩舎)だ。

 デビューを控えているククナは、7月15日に美浦の坂路で、2歳一番時計となる4F52秒2、ラスト12秒3を記録。1週前も遜色ない動きを見せて、仕上がりの良さを感じさせている。

「水曜日の最終追い切りは、本番でも騎乗するC.ルメール騎手を背に芝コースを馬なりで。余力たっぷりでしたが、その後、鳥の声に驚いたため放馬したようです。まさかの事態に“出走回避”も頭によぎりましたが、無事に新馬戦に向かうことができるみたいですね」(記者)

 今年、キングカメハメハ産駒はすでに6頭がデビューを果たしている。だがホウオウアマゾン、レッドルーベンスが2着に入ったものの、まだデビュー戦Vを飾った馬はいない。

「ホウオウアマゾンが2戦目の未勝利戦を勝ちましたが、デビュー戦を快勝する馬が出てきてほしいところ。ディヴィーナとの直接対決がなくなったのは残念ですが、考えようによってはこれも“追い風”。ククナに運が向いてきたのかもしれません」(競馬誌ライター)

 キングカメハメハ産駒の牝馬でクラシックを勝利したのは15年の桜花賞を勝利したレッツゴードンキが最後となっている。昨年他界したこともあり、登場するキングカメハメハ産駒は減少する一方だ。ククナは久しぶりにキングカメハメハ産駒として牝馬クラシックを沸かせることができるのだろうか? まずはデビュー戦の走りに注目したい。

JRAヴィルシーナの仔ディヴィーナ“回避“の間隙を突く!? 放馬トラブルを乗り越えキングカメハメハ産駒の大物ククナがデビュー戦Vを狙う!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!