NEW

パチンコ「超アツ新台」が続々とデビュー!!「爆速×遊タイム」「驚愕90%継続」が降臨!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ「超アツ新台」が続々とデビュー!!「爆速×遊タイム」「驚愕90%継続」が降臨!!の画像1

 2020年の下半期も、魅力的な新台が登場予定のパチンコ。8月も早い段階より話題になっていた「激アツ機」が続々とデビューを果たす。

 注目の「遊タイム」搭載マシンや、RUSHの継続率は「約90%」を誇る甘デジなどがスタンバイ。今回は8月3日からの週に導入予定となっている新台を特集したい。

 まずは一般社団法人「ぱちんこ広告協議会」が主催する「“ファン”が選ぶパチンコ・パチスロ大賞2019」パチンコ部門を2連覇した京楽産業.の新機種。驚異の出玉スピードでユーザーを熱狂させた『新・必殺仕置人』の甘デジスペックが登場だ。

ぱちんこ新・必殺仕置人 TURBO』は同社初の遊タイム搭載機となっており、通常状態280回転消化で「379回」の時短へ突入。遊タイム中の大当りは、ほぼST確定となっている。

 この遊タイムが本機の大きな特徴と言えるが、出玉性能も多くのユーザーから好評を得そうな気配だ。STは120回(or+時短50回)で、この間の大当りは50%が10Rの出玉に振り分け。ST継続率は約80%を誇るため、突入できれば「超甘デジ級の一撃」を味わうことができるだろう。

 スピード感と出玉感を進化継承しつつ、新たなゲーム性を組み込んだ仕上がり。P機のイメージを大きく変えた『新・必殺仕置人』が、今年は甘デジ分野の勢力図を一変させる快進撃を見せてくれそうだ。

 同じく甘デジ分野に参戦する西陣の人気シリーズ『おばけらんど』最新作も注目の1台。『Pおばけらんど怪GLS/GL』は大当り確率1/99.90のST機で、確変割合は特図1が30%、特図2が100%となっている。ST回数は55回だ。

 最大の特徴は「絶叫RUSH」が「約90%」という現行機トップクラスの継続率を誇る点。平均連チャン回数は約10.5回と、遊びやすいながらも十分な出玉の獲得が期待できる仕様だ。おなじみのオカルト系など、多彩な演出も遊技を盛り上げてくれるだろう。

 サミー製として登場する人気コンテンツ『エウレカ』は「ライトミドルの覇権」を狙っている。

『P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』は、大当り確率約1/199.8のライトミドルスペック。ST回数は150回となっている。その継続率は「約80%」を誇り、電チュー大当り時は「75%が約1000発」以上という振り分け。その内の「60%が約1500発」という魅力的な仕上がりだ。

パチンコ「超アツ新台」が続々とデビュー!!「爆速×遊タイム」「驚愕90%継続」が降臨!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!