NEW

パチンコ「1000発オーバー」が大連チャン!? ライトミドルの「覇王」が間もなく誕生か【新台分析−パチンコ編-】

『北斗の拳』シリーズを中心に数々の人気機種を世に送り出した「サミー」。

 そんな業界大手メーカーの最新作が、ライトミドルの覇権を狙いに動き出した!?

 同社初となる「遊タイム」を搭載。それだけでも十分注目に値するが、「高継続」さらに「1000発オーバーの大連チャン」に期待できる魅力的な仕上がりだ。

『P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』(サミー)

パチンコ「1000発オーバー」が大連チャン!? ライトミドルの「覇王」が間もなく誕生か【新台分析−パチンコ編-】の画像2
サミー公式HPより

■初当り確率:1/199.8→1/94.2
■確変割合:ヘソ→1%・電チュー100%(ST150回)
■電サポ:100回or150回
■賞球玉数:1&3&15
■カウント玉数: 10個
■遊タイム:通常時599回転に発動(時短100回)
■払出個数: 3R約450個or7R約1050個or10R約1500個
○○〇

 パチスロ界で絶大な人気を誇る『エウレカセブン』が、遂にサミー製パチンコで登場。同社初の「遊タイム」搭載マシンという事で、既に大きな反響を呼んでいる注目の新機種だが、秀逸なスペックも熱視線を浴びている。

「V確ST機」の本作は、ライトミドルスペックとなっており大当り確率は約1/199.8。初当り時の99%が3R(約450個)で時短「100回転」に突入する。基本的に時短で再度大当りを引く事によってST「SEVEN SLASH EXTRA」へと繋げるゲーム性だ。

 時短を突破した際のST継続率は約80%と申し分のない仕上がり。1%の10R確変直撃も含めるとST突入率は40%オーバーであり、連チャンへのスタートラインに立つ事は「そこまで難しくない」印象だ。

 そして、本機で最も注目すべきは何といっても出玉性能。右打ち中の振り分けは、約1500発が60%、約1050発が15%という「強力な出玉比率」を実現。実に「75%」の割合で「約1000発オーバー」の出玉を獲得できるのは非常に魅力的だろう。

 気になるのは、サミー初となる遊タイムの性能だが、通常時599回転で「100回転」の電サポが発動する仕様。大当り間で「1回のみ」となっている。ちょっと物足りない印象を受けるかもしれないが…。

「高継続×大量出玉」という強力なSTにスペックの全てを「極振り」されている事を考慮すれば、「非常に価値ある100回転」と言えるのではないだろうか。

『P交響詩篇エウレカセブン HI-EVOLUTION ZERO』の導入予定日は8月3日。本機の「新たな波」に乗り勝利を掴み取れ!

パチンコ「1000発オーバー」が大連チャン!? ライトミドルの「覇王」が間もなく誕生か【新台分析−パチンコ編-】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!