NEW

パチンコ「優れた時短性能」が大暴れ!? 「遊びやすい×出玉感」が話題!!【新台分析−パチンコ編-】

パチンコ「優れた時短性能」が大暴れ!? 「遊びやすい×出玉感」が話題!!【新台分析−パチンコ編-】の画像1


 人気ホラーコンテンツ『リング』シリーズでお馴染みの「藤商事」は、様々なコンテンツとタイアップして人気機種を誕生させてきた。

 そんな同社の人気機種の正統後継機が、「遊タイム」を搭載して登場。時代劇ファンから絶大な支持を誇る人気シリーズは、「とことん遊びやすい」スペックとも話題沸騰中だ。

『P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵』(藤商事)

■大当り確率:1/256.0→1/58.9
■確変割合:55%
■時短回数:100回or200回or300回
■遊タイム:971回(発動:760回転)
■トータル継続率:約70.4%
■賞球数:1&2&14
■大当り出玉:2R→約250個・10R→約1250個
◯◯◯

 時代劇コンテンツの人気シリーズ「遠山の金さん」の正統後継機は「ホールに咲いた思いやり」をコンセプトに作られている。大当り確率は1/256.0で、シンプルな確変スペックとオールドファンも楽しめる「分かりやすさ」が特徴だ。

 注目は3種類の時短が搭載されている点。通常の「100回」の他に「200回」「300回」の振り分けがある。通常大当り後も100回転を超えるロング時短に突入する可能性があるのは、多くのユーザーが興味を示す仕様だろう。優れた時短性能によって「トータル継続率は約70.4%」を誇る。

 話題の「遊タイム」は通常時760回転で発動し、回転数は「971回」。「遊タイム=ほぼ大当りに繋がる」という仕様は精神的にも優しいだろう。ライトユーザーも気軽に楽しめるのではないか。更に、2R確変の割合はわずか5%で、残りの95%は確変・通常問わず全て10Rの出玉を獲得できるのも非常に魅力的だ。

「ホールに咲いた思いやり」との言葉通り、単発や大ハマりなどの「打ち手の不安要素」を極限まで抑えられた「とことん遊びやすいスペック」と言っても過言ではない。

「遊びやすい」「まとまった出玉」「遊タイム」という3つの要素によって、真夏のホールで快進撃を見せるのだろうか。「出玉の桜吹雪」が吹き乱れる事を期待したい。

パチンコ「優れた時短性能」が大暴れ!? 「遊びやすい×出玉感」が話題!!【新台分析−パチンコ編-】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事