NEW

JRA「距離誤認」も「重賞未勝利」もお構いなし!? 中堅にチャンス与える北所直人オーナーの騎手起用とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA「距離誤認」も「重賞未勝利」もお構いなし! 中堅騎手にもチャンス与える北所直人オーナーの騎手起用とはの画像1

 現在デビュー前の馬も入れて40頭近く所有している北所直人オーナー。

 7月に大井競馬場で行われたジャパンダートダービー(G1)にキタノオクトパスを出走させて3着。今週も土曜札幌9R礼文特別(1勝クラス)に未勝利戦を勝ち上がったばかりのキタノギャラクシーを出走させる。

 北所オーナーの所有馬にはリーディング争いをしているような騎手の起用はあまりない。騎乗馬の騎手を固定しないこともあれば、どんな結果であってもずっと乗せ続けることもあるのが特徴かもしれない。

「2年前、山田敬士騎手がダート戦の距離を間違えて負けた事件がありましたが、その時に乗っていた馬が北所オーナーの馬で、今もオーナーの馬に山田騎手を乗せ続けています。また、ペイシャリサという未勝利馬に的場勇人騎手を12戦連続騎乗させて、14戦目でやっと未勝利を脱出したということもありました。

オーナーサイドとしては、色々騎手を試した上で、一度信頼したジョッキーを継続騎乗させる方針なのかもしれません。チャンスを得た騎手にしてみれば、意気に感じて少しでも良い結果を出そうと力が入るので、相乗効果も期待できるかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 8月1日の新潟日報賞(3勝クラス)にもペイシャドリームを主戦である的場勇人騎手とのコンビで出走を予定していたが、こちらは残念ながら最終的に除外となってしまった。

 ペイシャドリームは心身ともに充実しており、いずれは重賞への挑戦も期待が出来そうな馬だ。

 主戦を任されている的場騎手は今年まだ1勝のみ、その1勝もペイシャドリームで挙げたものだ。デビュー15年目で重賞勝ちもないが、乗り替わる雰囲気はない。

「今週礼文特別に出るキタノギャラクシーは、10戦してそのすべてで異なる騎手が手綱を執りましたが、10人目の松田大作騎手で勝ち上がりました。その松田騎手が今回継続騎乗です。

今回も馬との相性が良いと判断されれば、このあとずっと松田騎手で行くんじゃないでしょうか。結果を認めてもらった松田騎手としてもモチベーションが上がりますね」(競馬記者)

 近年は結果を残している馬とのコンビでも、クラスが上がるとすぐにリーディング上位の騎手に乗り替わることも珍しくない。

 騎乗機会が増えればまだまだ伸びる中堅ジョッキーも多いだけに、1人のジョッキーを乗せ続けるという北所オーナーのスタイルは、チャンスをつかみたい騎手にとっても有難い存在だろう。

JRA「距離誤認」も「重賞未勝利」もお構いなし!? 中堅にチャンス与える北所直人オーナーの騎手起用とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突