NEW

あわやJRA新記録「単勝606.8倍」の激走から2カ月……サイモンラムセスの妹が鮮やかデビュー勝ち!

【この記事のキーワード】

, ,

あわやJRA新記録「単勝606.8倍」の激走から2カ月……サイモンラムセスの妹が鮮やかデビュー勝ち!の画像1

 1日、札幌競馬場で行われた新馬戦(芝1500m)は、4番人気のオパールムーン(牝2歳、栗東・昆貢厩舎)が優勝。最後はヴァーチャリティとの一騎打ちとなったが、クビ差退けてデビュー勝ちを飾った。

 9頭立てで行われた芝1500mのレース。スタートが一息だったこともあって、無理せず中団から。道中では口を割って行きたがる面を見せていたが、鞍上の横山典弘騎手が上手に宥めると、最後の直線でゴーサインに鋭く反応。内から抜け出したヴァーチャリティとの接戦をクビ差制して、白星での船出となった。

「レース後に横山典騎手が『調教通り』と話していた通り、追い切りの動きがそのままレースの結果に繋がった印象。道中行きたがるシーンもありましたが、鞍上が上手に折り合っていましたね。

特に印象的だったのが、勝負所の3コーナーで各馬がスパートを開始する中、横山典騎手がワンテンポ仕掛けを遅らせたところ。あの溜めが、最後の伸び脚に繋がったと思います。

『無観客競馬は一番いいシミュレーション』とコメントがあったように、無観客競馬でテンションが上がり過ぎなかったことも勝因でしょう。最後の末脚は際立っていましたし、先々が楽しみになるレースでした」(競馬記者)

 オパールムーンの半兄には、今年6月の鳴尾記念(G3)で引退したサイモンラムセスがいる。鳴尾記念まで4戦連続、最下位人気で最下位……引退レースでも単勝606.8倍とまったく期待されていなかったが、そんな超低評価を覆す上がり3ハロン2位の末脚で4着に激走。

 レース後には、ネット上の競馬ファンから「サイモンラムセスの激走はビックリ」「これは拍手!」「馬券、買っとけばよかった」と数多くの賛辞が送られるなど、勝ったパフォーマプロミス以上の注目を浴びていた。

 そんなブラックタイド産駒の兄は単勝168.8倍でのデビューだったが、ヴィクトワールピサ産駒の妹は単勝7.3倍のデビュー勝ちと、まずは“エリート街道”に乗った。

 この結果には、オパールムーンを管理する昆貢調教師も「イライラするところはあるけど、冷静に走ってくれた。馬群でも我慢して、しっかり反応もしていた」と手応え。

 兄が果たせなかったクラシック挑戦の期待も高まるが、まずは10歳で68戦を走り抜いた兄のように息長くファンを楽しませる走りを期待したい。

あわやJRA新記録「単勝606.8倍」の激走から2カ月……サイモンラムセスの妹が鮮やかデビュー勝ち!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!