NEW

JRA全馬“逆走”の「放送事故」川田将雅快勝も台無し!? 『競馬BEAT』ライブ中継でゴール前映像ストップ→巻き戻し→レース終了……番組は謝罪

【この記事のキーワード】

, ,

JRA全馬逆走の「放送事故」川田将雅快勝も台無し!? 『競馬BEAT』ライブ中継でゴール前映像ストップ→巻き戻し→レース終了……番組は謝罪の画像1

 2日、新潟競馬場で行われた関越ステークスは、1番人気のザダル(牡4歳、栗東・大竹正博厩舎)が優勝。昨年、無敗でプリンシパルS(L)を制した素質馬が飛躍の秋へ、復活の狼煙を上げる結果となった。

 14頭立てで行われた芝1800mの一戦は、見どころ十分な内容だった。スタートからプロディガルサンが大逃げを決め、後続を引き離して軽快にリードを保つ。最後の直線であわやの場面を作ったが、冷静に対応した川田将雅騎手のザダルが豪快に突き抜けると、最後は3馬身差をつけて完勝した。

 そんなスリリングな展開と川田騎手の好騎乗が光ったレースだったが、関西の競馬ファンにとっては、すこぶる残念なレースとなってしまったようだ。

「前代未聞の放送事故だわ」「最後の直線、何が起こった?」「これは酷い……」

 レース後、ネット上の競馬ファンからSNSや掲示板を通じて、批判の声が集まったのは関西の競馬ファンにとってはお馴染みの『競馬BEAT』(関西テレビ系)だ。

 荻野極騎手とプロディガルサンが、大胆な大逃げを決めて迎えた最後の直線。新潟外回りの長い直線だが、まだリードは7馬身以上残っており「もしかして……」と思えるほどの独走状態だった。

 そんな逃げ馬を目掛けて各馬がスパートに入り、残り200mでザダルらがプロディガルサンを追い詰めたその矢先、まさかの映像がストップ……。

 実況音声だけは正常に流れ続けていたものの、次に映像が正常に戻った時には、すでに各馬がゴールした後。勝ったザダルが大写しになっていたが、番組を見ていたファンはしばらく誰が勝ったのかさえ、わからなかったに違いない。

「びっくりしました。突然、映像が止まったかと思うと、巻き戻しのような状態になって各馬が2、3散歩逆戻り。その後、コマ送りのような超スローになったかと思えば、次の瞬間には勝ったザダルが大写しになっていました。

ゴール前のレースが一番盛り上がるシーンだっただけに残念ですし、最後は誰が勝ったのかさえ、わかりませんでした。特にプロディガルサンの馬券を買っていた人は納得できなかったでしょうね……(笑)。ライブ中継とはいえ、レース映像がここまで乱れてしまったのは記憶にないです」(競馬記者)

 また別の記者曰く、レース中は大逃げしていたプロディガルサンをずっとウインガナドルと間違えて実況されていたとか……。

 レース後、番組側からは映像の乱れを謝罪するコメントがあったようだが、関西の競馬ファンにとってはとんだ災難だったようだ。

JRA全馬“逆走”の「放送事故」川田将雅快勝も台無し!? 『競馬BEAT』ライブ中継でゴール前映像ストップ→巻き戻し→レース終了……番組は謝罪のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!