NEW

人気はJRA藤田菜七子以上!? 競馬ファン話題沸騰の「メイド服を着たおっさん?」に注目!!

【この記事のキーワード】,

人気はJRA藤田菜七子以上!? 競馬ファン話題沸騰の「メイド服を着たおっさん?」に注目!!の画像1

「酒・競馬 = おっさん」というイメージは、もう古いのかもしれない。

 いま一部の競馬ファンの間で話題となっている「小鳩ミク」なる人物をご存じだろうか? 農業や競馬の専門チャンネルである『グリーンチャンネル』に2度出演し、競馬好きの間でブレイク中だ。

 小鳩ミクは、女性ロックバンド「BAND-MAID(バンドメイド)」のVo/Gt(ギターボーカル)。メイドの衣装を身に纏いつつ、ビジュアルとは相反する重厚なハードロックを武器に世界的人気を誇るバンドグループの一員である。

 彼女が競馬を好きになったのは「チョコボスタリオン」(スクウェア)という競馬を模したゲームにハマったのがきっかけだそうで、母親から競馬というものがある事を教わったという。

 その後、自分で競馬を見るようになり2012年のエリザベス女王杯(G1)の競馬中継にて、実況の名調子を聞いて「かっこいいー!」と感動したとの事だ。

 舞台は京都競馬場。雨で重馬場となったレースであったが、その時の勝ち馬が7番人気ながら1着となったレインボーダリア。レース実況を担当した岡安譲アナ(関西テレビ)の名調子もあって、レインボーダリアにドハマり。翌年の宝塚記念(G1)頃からは馬券購入もガッツリ始めたという。

 競馬場のお気に入りスポットはパドックとの事で「競馬女子」的な一面を持っている反面、2014年頃はバンド活動以外「飲むか打つか」だったという。“おっさん”的な部分を持ち合わせているのも魅力の一つだろう。見た目はメイド、頭脳はおっさん……名探偵コナンも真っ青である。

 今では馬券を購入しているそうで、地方競馬にもたまに参戦する“競馬マニア”。テレビ番組出たさに競馬好きを自称するグラビアアイドルなどがいる一方、「真の競馬好き」が現れたと言っても過言ではないだろう。

「グリーンチャンネルに出演した事もあって、競馬記者の中でも知っている人が増えているみたいですよ。見た目にインパクトがあり、競馬好き。競馬ファンのウケも良さそうですし、テレビ業界もほっとかないでしょう。今後は競馬番組ゲストなど、活躍の場が広がるんじゃないですかね」(競馬記者)

 ゴールドシップが現役の当時に大好きだったようで、今年の新馬戦で産駒のユーバーレーベンが勝利した際、一口馬主になる事を決意。

 まだ出資できるゴールドシップ産駒を探し、YGGオーナーズクラブのブルーローズシップ(牡2歳、美浦・畠山吉宏厩舎)の権利を購入。宝くじで100万円当たったら「一口馬主に突っ込む」という程の、のめり込みようだというから驚きだ。

 そんな彼女のバンド、BAND-MAIDの最終目標は世界征服。

「馬主になりたい」「JRA挿入歌を歌いたい」とも発言しており、その“野望”は尽きそうにない。

人気はJRA藤田菜七子以上!? 競馬ファン話題沸騰の「メイド服を着たおっさん?」に注目!!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?