NEW

JRA“12冠ベビー”のダート「覚醒」は必然!? レパードS(G3)ラインベックが3歳ダートの主役に躍り出るか

【この記事のキーワード】

,

JRA12冠ベビーのダート「覚醒」は必然!? レパードS(G3)ラインベックが3歳ダートの主役に躍り出るかの画像1

 9日(日)の新潟メインレースは、3歳ダート重賞のレパードS(G3)が行われる。父ディープインパクト、母アパパネの“12冠ベビー”、ラインベック(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)がダート転向後2戦目を迎える。

 ラインベックはその血統背景もあって、デビューから当然のように芝を使われてきた。昨夏の新馬戦と中京2歳S(OP)を連勝。年末にはホープフルS(G1)で4着に入り、アパパネの仔としては、初めてクラシックの舞台に立った。

 その皐月賞(G1)で15着に敗れると、陣営はNHKマイルC(G1)に挑戦。ここでも8着に敗れると、ダート路線へと矛先を向けた。

 初ダートとなった前走の西脇特別(2勝クラス)では、鞍上に初コンビの川田将雅騎手を据え、好スタートからハナを切ると、絶妙なペースをつくり出した。直線では後続を突き放し、ダートで一発回答。主役の1頭としてレパードSを迎える。

 父母あわせて芝G1・12勝という血統から、ダートでの勝利に驚いたファンも多かっただろう。実際、全兄の2頭(モクレレとジナンボー)は一度もダートを使われておらず、ダート適性の評価はなかなかしづらかったはずだ。

 しかしラインベックの血統表を見ると、母系には米国のダートで活躍した快速馬たちの名前が目立つ。

「牝馬三冠を達成した母のアパパネは、もちろんダートで走ることはありませんでした。その父キングカメハメハは芝ダート兼用の種牡馬として知られ、ホッコータルマエ、ベルシャザール、チュウワウィザードなど11頭がJRAのダート重賞を制覇しています。母父としても武蔵野S勝ちのタガノトネールを輩出しました。

ラインベックの祖母ソルティビッド(アパパネの母)は現役時代にダートで1勝し、その父ソルトレイク(アパパネの母父)は現役時代にアメリカでダートの短距離を中心に走り、21戦7勝。G1は、1991年のホープフルS(ダート1300m)勝ちがあり、種牡馬としても一定の成功を収めました。

さらに1代さかのぼると母母母父にはスペクタキュラービッドという馬がいます。日本では無名ですがアメリカで30戦26勝という驚異的な成績を残した名馬です。ケンタッキーダービーとプリークネスSの米2冠をはじめ、G1勝ちは実に『13』にも上ります。種牡馬としては失敗に終わりましたが、40年以上の時を経て、日本の地でダートの怪物が生まれるかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 いきなりのダート転向で結果を残したラインベック。その母系から、ダートでの覚醒は驚くことではなかった可能性もある。2連勝で混戦の3歳ダート界の主役候補に躍り出ることはできるか。

JRA“12冠ベビー”のダート「覚醒」は必然!? レパードS(G3)ラインベックが3歳ダートの主役に躍り出るかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!