NEW

JRA思い出されるアノ馬の「誤算」による“悲劇”……。モズスーパーフレアまさかのハンデ重賞・北九州記念(G3)参戦も、陣営には青写真あり

の画像1

 春の短距離チャンピオンが秋に向けていよいよ始動する。

 今年の高松宮記念(G1)を制したモズスーパーフレア(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、23日に小倉競馬場で行われる北九州記念(G3)に出走を予定している。

 5日、栗東・坂路コースで2週前追い切りを行い、早くも4ハロン50秒2、ラスト13秒6の好時計をマーク。始動戦に向けて順調そのものだ。

 だが、始動戦にハンデ重賞を選んだ点は気になるところだろう。G1馬ともなれば当然、かなりの斤量を背負うことが想定される。

 ハンデ重賞の思わぬ誤算として思い出されるのが、今年のCBC賞(G3)だ。

 高松宮記念で1位入線したが、最後の直線で斜行したことで4着に降着となったクリノガウディー。次走に選んだのがハンデ戦のCBC賞だった。陣営としては、「57キロ」のハンデを想定していたが、発表された斤量は「58キロ」。これには管理する藤沢則調教師も「ハンデに関してはしょうがないかなと思っています。ただ1勝馬なんですけどね……」と漏らした。

 つまり、1勝馬ながらも“G1級”という見方をされたということだ。トップハンデの58キロを背負いレースに出走したクリノガウディーは斤量が堪えたせいか、行き脚がつかず中団からの競馬に。そのまま見せ場なく12着に惨敗した。

 同じ高松宮記念の上位馬がハンデ重賞で思わぬ敗戦をしているだけに、モズスーパーフレアにとっても北九州記念参戦には不安が付きまとう。実際に、昨年は55キロで出走して4着に敗れており、今年はさらに斤量が増えるとなるとさらに勝利が遠のくだろう。

 それでも、北九州記念に出走するのには陣営の思惑があるようだ。

『netkeiba.com』に掲載されている井内利彰氏の取材によると、音無調教師は「スプリンターズS(G1)へ向かうにあたって、選択はセントウルS(G2)との二択。中2週は昨年の高松宮記念で惨敗したように、合っていないローテーションなので。昨年も北九州(記念)からスプリンターズSで2着でしたし、このローテーションは合っていると思います」と話している。

 もうひとつの選択肢であるセントウルSが行われるのは9月13日のため、中2週でスプリンターズSに出走することになる。その一方、北九州記念の場合、中5週と余裕を持ったローテーションでの出走が可能になるのだ。音無調教師が言うように、昨年も同じローテーションで好走していることに加えて、今年の高松宮記念はシルクロードS(G3)からの中7週で挑んで優勝している。

「陣営としてはあくまでもスプリンターズSを勝つためのローテーションという感じですね。北九州記念は“叩き”で、結果に重きを置いてないという可能性があるかもしれません。ただ、G1馬となったモズスーパーフレアの始動戦に期待するファンは多いはず。北九州記念でも、チャンピオンの走りを見せてほしいものですね」(競馬記者)

 1位入線した馬の4位降着という後味の悪さが残る中、G1馬となったモズスーパーフレア。ハンデ重賞・北九州記念を制することができれば、クリノガウディーに勝ったということを間接的に証明することになるはずだ。

 モズスーパーフレアは秋の大一番の前に、ハンデを克服して北九州記念を制することができるだろうか。

JRA思い出されるアノ馬の「誤算」による“悲劇”……。モズスーパーフレアまさかのハンデ重賞・北九州記念(G3)参戦も、陣営には青写真ありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!