NEW

阪神・藤浪晋太郎「侮辱行為」で巨人・北村拓己、大炎上!? プロ3年目「当てられる前に、しっかりバットに当てて行きましょう!」今シーズン「死球0」を完全無視……

【この記事のキーワード】

, , ,

阪神・藤浪晋太郎を「侮辱行為」で巨人・北村拓己、大炎上!? プロ3年目「当てられる前に、しっかりバットに当てて行きましょう!」今シーズン「死球0」を完全無視……の画像1

 5日、阪神甲子園球場でJERAセ・リーグ阪神巨人が行われ、阪神・藤浪晋太郎を攻略した巨人が1-4で勝利。貯金を今季最多となる12とし、首位を盤石なものとした。

 阪神・藤浪、巨人・戸郷翔征の両先発で幕を開けた試合は、序盤こそ投手戦だったが、6回に藤浪は自らのエラーから崩れて3失点。阪神も8回に1点を返したが、最後は新クローザーの巨人・中川皓太が5セーブ目を上げて、試合を締めくくった。

 巨人としては、わずか4安打ながら4得点し、盤石の投手リレーで逃げ切った王者の試合運び。しかし、そんな快勝劇に水を差したのが、巨人の公式Twitterが公開した試合前の北村拓己のあまりに軽率な発言だった。

「相手ピッチャー藤浪さんですけど、当てられる前にしっかりバットに当てて、初回からエンジン全開で行きましょう!」

 動画によると試合前にベンチ前で組まれた円陣。この日の声出しに抜擢されたのは「幸せ絶頂」の男だったようだ。

 プロ3年目の北村は、昨日の試合でプロ初ホームランを打ったばかり。それも今年1月に結婚したアイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバー伊藤祐奈さんとの第1子誕生を祝う“祝砲”となる記念すべき一発だったのだ。

 しかし、もし動画の通りであれば、あまりにも有頂天になり過ぎてしまったのだろうか……今回の発言は、明らかに相手に対するリスペクトを欠いたものだった。

「先輩に囲まれた円陣だっただけに、何か気の利いた冗談を言いたかったんでしょうか。しかし、阪神サイドからすると、あまりにもデリカシーを欠いた発言と述べざるを得ません。あくまで試合前の円陣なので“身内話”のつもりだったんでしょうが、相手のホーム球場ですし、ファンもすぐそばにいますからね……」(記者)

 確かに、かつて阪神のエースだった藤浪は「死球」が原因でスランプに陥ったと言われている。

 コンスタントに150㎞を超えるストレートを投げ、平均球速が12球団1とも言われる剛腕だけに、デッドボールへの恐怖は想像に難しくない。過去には藤浪が登板した際には、抜け球が当たる可能性が高い右バッターを打席に立たせないチームもあったほどだ。

 しかし、今季の藤浪は今日の登板も含め21イニングで死球は「0」。この日も与四球1と安定したコントロールを取り戻している印象だ。動画内の北村の発言は、そういった事実を無視したものだと述べざるを得ない、プロ野球選手として残念なものとなってしまった。

 試合後、巨人の公式Twitterは動画を削除したものの、問題のシーンを映した動画がSNSなどにアップされ、両軍のファンが敏感に反応。「藤浪に対して失礼すぎ」「プロとして相手への敬意が全く感じられない」「これは普通にアカン」といった北村の発言を疑問視する声が続々……。

 中には北村を擁護する発言もあったが、やはり「巨人は好きだけど北村は応援できない」「紳士球団にあるまじき発言」など、巨人ファンの中にも納得できないという声も多かったようだ。

 昨日のインタビューに答えた際、ここまで結婚を発表しなかった経緯について「3年目でおこがましい部分があった。プロ野球選手として今年が勝負だったので」と殊勝なコメントを残していた北村。

 しかし、プロ野球選手としての「勝負」は、昨日のホームランでもう片付いてしまったのだろうか。動画内の北村の発言はプロ野球選手としてだけでなく、1児の父親としてもあまりに残念なものとなってしまった。

阪神・藤浪晋太郎「侮辱行為」で巨人・北村拓己、大炎上!? プロ3年目「当てられる前に、しっかりバットに当てて行きましょう!」今シーズン「死球0」を完全無視……のページです。GJは、スポーツ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!