NEW

パチンコ店で「遭遇したイラっ」とした「やり過ぎ行為」!?「クセの強い客」特集!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ店で「遭遇したイラっ」とした「やり過ぎ行為」!?「クセの強い客」特集!!の画像1


 パチンコ店は長時間にわたって見ず知らずの人と同じ空間を共有する特殊なサービスです。

 数十~数百人もの人々が同じ空間にいますので、個性あふれる方と出会う事も稀にございます。無論、ほとんどの方がマナーを守って遊技をされておりますが、時に「クセの強い方」に遭遇してしまう事もあるでしょう。

 その中には、周りのお客様に「不快な思い」をさせる迷惑行為を平然とやってのける方。常識から外れた「理解不能」の行為を行う方など、私たちの記憶に強烈に残るような方々もいらっしゃいます。

 私もパチンコ屋に通い始めて10年以上が経ちますが、これまで数多くの「クセ者」を目撃して参りました。今回は自分が客として遊びに行った際に目撃した「クセの強いお客」をご紹介いたしましょう。

【下皿パンパン】

 パチンコ台には上皿と下皿に分かれている機種が数多くございます。上皿が玉で一杯になった際に、溢れた玉が下皿へと流れる仕組みなのはみなさんご存じでしょう。

 下皿が玉で一杯になった場合、下皿のレバーを引いてドル箱や各台計数機へ玉を流すのが一般的なのですが…。

 中にはどれだけ玉が増えようとも頑なに下皿に貯め続ける方もいらっしゃいます。ホールには「玉を抜いてください」というアナウンスが延々となり続け、周りのお客様の中には迷惑そうな表情をしている方もいらっしゃいました。

 無論、雀の涙ほどの出玉でしたら下皿に貯めておく事もあるでしょう。しかし、この方は大当りで2000発出ようが10連させようがお構いなし。断固として下皿から玉を抜かない方だったのです。

 体感では1時間ほど「玉を抜いてください」というアナウンスを聞き続けていたと思います。「勘弁してくれ」と思いながらも、「いつ玉を抜くんだろう」という興味が湧いておりました。

 結局、下皿の玉を計数機へ流したのは連チャンが終わってからでした。1万発を超える出玉が一気に払い出される事となり、数分にわたって出てくる玉を嬉しそうに眺めていたのを今でも覚えております。

パチンコ店で「遭遇したイラっ」とした「やり過ぎ行為」!?「クセの強い客」特集!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事