NEW

パチスロ「ファン憧れの専属タレント」数人が「契約解除」!?「フリーランス宣言」がSNS上で話題に

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「ファン憧れの専属タレント」数人が「契約解除」!?「フリーランス宣言」がSNS上で話題にの画像1


 DMMぱちタウン。ご存じの通り、動画配信事業やオンラインゲーム事業、金融サービス業など多くの事業を手掛ける合同会社DMM.comが立ち上げた、パチンコ・パチスロに特化した情報サイトである。

 パチンコ店舗検索、来店取材情報、新装開店情報などに加えて実戦やバラエティ動画、コラムなどを無料で楽しめる当サイトは、今年で7周年。8月7日18時30分からは木村魚拓とウシオのダブル司会、MYMEのアシスタントによる特別記念企画「2.4時間テレビ」が放送予定だ。

 もはやパチンコ・パチスロ情報サイト界において一人勝ち状態ともいえるDMMぱちタウンは、倖田柚希、ショウタク、ヤドゥなど多くの専属タレントを抱えていることでも有名である。

 専属タレントたちは来店取材や動画出演、執筆業務などで活躍しており、それに憧れるパチンコ・パチスロファンもいるようだが、現在、そんな専属タレントたちに「異変が起きている」とSNS上で話題。どうやら、数人の専属タレントが契約解除を宣告されたというのだ。

 約3年所属の虹村なな子は、「ご報告」と題してTwitter上で「専属契約解除によるフリーランス転身」を報告。ファンから多くの応援メッセージが寄せられると、当人も「受け入れるしかない」と前を向いた。

 星月モータープールも、Twitter上で「7月31日を持ちまして専属タレントを抜けてフリーで活躍していくことにしました」と宣言。やはりファンから多数のコメントがあると、虹村なな子と同じく「今後もフリーの立場でDMMぱちタウンの仕事に携わる可能性がある」ことを示唆しつつ、今後の再会を約束した。

 このほかにも、専属契約解除と共に活動の終了を報告する者もいた。

 パチンコホールはコロナ禍の影響により広告規制が強化され、緩和された現在も、その遵守が求められている。

 今までは来店取材や動画撮影の事前告知がNGのエリアであってもふんわりとしたワードでの拡散が多々行われていたが、それは御法度。

 そもそも売上激減に苦しむパチンコホール自体が広告宣伝費を削る傾向にもあり、これら活躍の場を失ったパチンコ・パチスロライターたちが公営競技にシフトチェンジしているのは周知の通りであろう。

 7周年を迎えた裏での、契約解除。今後もパチンコ業界は厳しい状況が予想されるだけに、こういった事例が続く可能性はありそうだ。
 
  
 

パチスロ「ファン憧れの専属タレント」数人が「契約解除」!?「フリーランス宣言」がSNS上で話題にのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事