NEW

甘デジST中の大当り「設定1でも82%」! シリーズ最高峰まである「最新作」に大注目!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジST中の大当り「設定1でも82%」! シリーズ最高峰まである「最新作」に大注目!!の画像1

 一昔前、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』という本が151万部を売り上げる大ヒットで話題になったが、『竹屋はなぜ潰れないのか』と思うのがパチンカーである。めぼしいヒットは『CRモンスターハウス』だけ。その遺産で細々と食いつないでいる。非常に失礼ながら、そういうイメージを持たれているのも事実だろう。

 実際は、パチンコ玉の補給システムといった遊技施設の設備をメインとしていて、遊技機製造に軸足をおいていないというだけの話なのだが、関心が低いくせにあれこれ想像でいい加減なことをいう世間の怖さでもある。まあ、太宰治は言いました、「世間というのは君じゃないか」と。

 ただ、間違ってほしくないのは、私は竹屋が好きなのである。『CRフリテンくん』『CR Mr.Bean』、そしてなんといっても『CR KISSワールドツアー』である。ハードロック好きの私にはたまらないマシン。

 最高なのが、機種HPに掲載されているポール・スタンレーからのメッセージで、「1977年に日本を始めて(原文ママ)訪問したが、そのときからパチンコがとても気に入っていて、大阪ではパチンコをやりまくったよ」と思わず「ウソつけ!」とつっこんでしまいたくなるような激アツの内容なのである。

 そんな愛すべき竹屋の看板機種『モンスターハウス』シリーズの最新作がリリースされた。その名も『Pミニミニモンスター4』である。本機は、1/250くらい(LM)と1/100付近(a)の大当り確率帯で設定された2つのタイプが用意されているが、今回は甘デジタイプのほうに焦点をあてて紹介したい。

 大当り確率に6段階の設定が設けられ、詳細な数字は以下のようになっている。確変システムはV-STで、ヘソ抽選時は50%、電サポ中なら85%の割合でSTに突入する。初当りがST非突入の場合は40回転の時短モードに移行する流れである。

【Pミニミニモンスター4a 大当り確率】


設定1:1/125.8(高確率 1/58.6)
設定2:1/117(高確率 1/54.5)
設定3:1/115.6(高確率 1/53.9)
設定4:1/110.1(高確率 1/51.3)
設定5:1/105.7(高確率 1/49.3)
設定6:1/99.9(高確率 1/46.6)

 ST突入時の大当り期待度は設定1でも約82%と高いが、電サポ中でも通常大当りするので、トータルのST連チャン率は約74~80%ほどの確率に落ち着く計算となる。しかし、甘デジの特性である高い大当り確率を活かした時短による引き戻しによって初当り時の確変突入率に上積みがなされるので、トータルでみれば魅力的なスペックといえるだろう。

 また、電サポ中の大当りでは最大ラウンドとなる10R確変が15%も組み込まれているので、ツボにはまった時の出玉感も充分である。

 とはいえ、より勝利にこだわるならもちろん高設定を掴むことがポイントとなる。本機にも設定判別要素がいくつか用意されているが、非常に興味深いパターンが搭載されている。それが「夜おばけ」である。

甘デジST中の大当り「設定1でも82%」! シリーズ最高峰まである「最新作」に大注目!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事