NEW

JRA川田将雅デュードヴァンに死角あり! レパードS(G3)の傾向と現在の新潟は真逆!? 条件一致のアノ馬から爆穴で万馬券を狙う

【この記事のキーワード】

JRA川田将雅デュードヴァンに死角あり! レパードS(G3)の傾向と現在の新潟は真逆!? 条件一致のアノ馬から爆穴で万馬券を狙うの画像1

 9日、新潟競馬場では3歳ダート重賞・レパードS(G3)行われる。

 ジャパンダートダービー(G1)の優勝馬ダノンファラオ、ユニコーンS(G3)の優勝馬カフェファラオの出走はないが、多数の期待馬が出走を予定しているだけに、熱い戦いが繰り広げられそうだ。

 夏の新潟の地で争われる難解なレースではあるが、自称・馬場マイスター(仮)与田飛鳥が担当する。

 予想に入る前に重視しておきたいのは、やはりレースの傾向だろう。

 過去10年のレパードSで勝ち馬の前走は、JDD組が最多の5勝をあげている。次にユニコーンS組が3勝、青竜S組が1勝をあげているが、いずれも東京ダート1600m条件のため、まとめても大筋に無理はないだろう。

 残りの1勝は中京ダート1800mの濃尾特別(2勝クラス)を勝利して挑んだ13年のインカンテーションだが、G1でも勝ち負けしていた素質馬だけに前走ローテとしては保留としたい。

 傾向としては非常にシンプルになるのだが、最多の勝ち馬を出しているJDDからの臨戦はただ1頭のみ。

 「◎」にミヤジコクオウ(牡3、栗東・川村禎彦厩舎)を推しても問題はなさそうだ。

 勿論、ただ単純に前走でJDDを使われたからというだけの理由ではない。出走した馬のJDDで敗れた馬の巻き返しが目立っている。今年のJDDでは1番人気のカフェファラオが7着に凡走したが、これは中央の軽いダートと地方の深いダートとの違いが敗因となった可能性がある。

 ミヤジコクオウも5着に敗れたとはいえ、優勝したダノンファラオも2着のダイメイコリーダも鳳雛S(L)で楽勝した相手だけに、ミヤジコクオウが大井で力を発揮できなかったと考えても理屈は通るだろう。

JRA川田将雅デュードヴァンに死角あり! レパードS(G3)の傾向と現在の新潟は真逆!? 条件一致のアノ馬から爆穴で万馬券を狙うのページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!