NEW

JRA武豊「ダート?まさか?」エルムS(G3)エアスピネルで5年前に“逃した”大記録のリベンジ!? 前人未到の偉業は北の大地で達成か

【この記事のキーワード】

, ,

の画像1

 9日、札幌競馬場でダート重賞・エルムS(G3)が開催される。

 マリーンC(OP)で2年7か月ぶりの勝利を飾ったタイムフライヤーが人気の中心となりそうだが、2年10か月ぶりの白星を狙うエアスピネル(牡7歳、栗東・笹田和秀厩舎)に注目したい。

 これまでに重賞3勝を挙げており、クラシックではリオンディーズ、サトノダイヤモンド、マカヒキらとしのぎを削ったエアスピネル。前走、1年ぶりの復帰戦に選んだのは初ダートとなるプロキオンS(G3)だった。長期休養明け、初ダートということもあり、8番人気の低評価だったが、2着に好走。7歳にして新境地の開拓となった。

 ダート2戦目で復活の勝利に期待がかかるエアスピネルだが、今回他にも注目を集めている。それは武豊騎手とのコンビ再結成だ。

 デビューから12戦連続で手綱を取ってきた武豊騎手。エアスピネルとのコンビ復活は18年のマイラーズC(G2)以来、2年4か月ぶりとなる。これまでのエアスピネルの勝利はすべて同コンビでのもの。武豊騎手の「G1完全制覇」がかかった15年の朝日杯FS(G1)は2着に惜敗したが、レースを大いに盛り上げた。エルムSの注目コンビとなりそうだ。

 コンビ再結成することになった武豊騎手は自身のホームページの日記で「芝のマイルでG1に届くかというぐらいの馬がダート?まさか?と思うかもしれません。実際、ボク自身そんな思い込みがあったことを否定できません」と綴った。

「エアスピネルの兄弟は同馬を含めて5頭いますが、ダートで勝利を挙げた馬はいません。また、母エアメサイアも芝で活躍した馬なだけに、ダート適性があるとは思わないことにも頷けますね。

エルムSに出走するタイムフライヤーもそうですが、今年のフェブラリーS(G1)を勝ったモズアスコットも芝で実績がありながら、ダート転向で成功しています。エアスピネルにも十分期待できそうですね」(競馬記者)

 初ダートのエアスピネルがサンライズノヴァの2着に好走したことに、武豊騎手も高い適性を感じている様子。「乗るからには相棒を信頼して前向きに臨みます」と意気込みを語っている。

 現在、武豊騎手は通算4198勝。前人未到の「4200勝」を射程圏に収めており、今週末の開催で偉業達成の可能性が高そうだ。場合によっては、エアスピネルでメモリアル勝利を収めることになるかもしれない。

 今週末もレジェンド武豊から目が離せなさそうだ。

JRA武豊「ダート?まさか?」エルムS(G3)エアスピネルで5年前に“逃した”大記録のリベンジ!? 前人未到の偉業は北の大地で達成かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!