NEW

JRA12冠ベビー“ラインベック”は切り!? スタッフ秘蔵ネタでレパードS(G3)3点勝負!!

【この記事のキーワード】

,

 連勝中の3番タイガーインディ(牡3、栗東・大橋勇樹厩舎)は「▲」だ。

 6月の阪神3歳以上1勝クラス(ダ1400m)は出遅れて16着と殿負けを喫した。だが約1カ月後に、鮫島克駿騎手と新タッグを組んで、阪神の同条件に出走すると見事に逃げ切り勝ち。前走の神鍋特別(2勝クラス)では逃げ馬を見る形で進み、直線で先頭に立つとそのまま押し切って優勝を果たした。

「馬群に揉まれたり、砂をかぶったりすると脆さが露呈するものの、すんなりと前に出ることができれば本当にしぶとい競馬をしていますね。

 今回は中2週での挑戦となるも、『バテた様子もなく好調』だとスタッフは明かし、さらに『楽に主導権が握れそうなメンバー。新潟は圧倒的に先行馬有利なので、持ち前のスピードを生かせればチャンスはある』と一撃に期待していましたよ」(競馬誌ライター)

「△」に挙げたいのは、ポテンシャルの高さが評価されている11番フレイムウィングス(牡3、栗東・岡田稲男厩舎)。

 今年初戦の阪神3歳1勝クラス(ダ1800m)は2着に終わったものの、約4カ月ぶりの出走となった前走の新潟3歳以上1勝クラス(ダ1800m)を古馬相手に快勝。今回と同条件の舞台で勝利を挙げているだけに侮れない存在だ。

「中1週の強行軍ですが、中間は反動もなく順調に来ているようです。この条件を1度経験しているのは強みですし、鞍上の西村淳也騎手も2度目の騎乗なのでさらに上手く乗れるハズです。

 ただ、スタッフは『心配なのは当日の気配。気性面が幼く、イレ込みやすいので、気持ちが入り過ぎていなければいいのですが……』と不安を吐露していました。パドックで落ち着いた姿を見せてくれれば、上位進出もあると思うのですが……」(競馬記者)

 また今回、人気の一角を占めると見られるのが12冠ベビーのラインベック(牡3、栗東・友道康夫厩舎)。

 前走のダート転向初戦を勝利。浮上の兆しを掴んだと見られていたが「前回は逃げて快勝。控えること自体は問題ないと思うけど、砂を被ったり、馬群で揉まれたりしたらどうなるかが不安。前走のテンの3Fを見ても今回はハナを切ることは難しいと思うし……」という情報が関係者からもたらされた。そこで“経験不足”を理由に切りと判断した。

 今回は、10番ライトウォーリアを軸に、3番タイガーインディ、7番ミヤジコクオウ、11番フレイムウィングスに流す3連複3点で勝負。今度こそ……。
(文=ブロディN)

JRA12冠ベビー“ラインベック”は切り!? スタッフ秘蔵ネタでレパードS(G3)3点勝負!!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!