NEW

JRAルメール「能力がありそう」オーソクレースが圧勝デビュー! 母マリアライトの良血がクラシック候補に名乗り

【この記事のキーワード】

, ,

JRAルメール「能力がありそう」オーソクレースが圧勝デビュー! 母マリアライトの良血がクラシック候補に名乗りの画像1

 9日、札幌5R新馬戦(芝2000)はC.ルメール騎手の1番人気オーソクレース(牡2、美浦・久保田貴士厩舎)が快勝。2着に2番人気シティレインボー、3着にトーセンガーリーが入った。

 8頭立てのレース。スタートの反応はもうひとつで道中は5番手前後の追走。好位を他馬が埋め尽くし、インの後方からのレースとなった。1000m通過は1分4秒6というスローペースで流れたこともあり、先行馬に有利な展開。鞍上のルメール騎手も促しながら追い上げを図るが、反応は良くない。このまま前の馬を捉え切れないのではないかと思われた。

 だが、直線入り口で外に進路を確保して追い出されると一気のギアチェンジ。前を行くシティレインボー、トーセンガーリーを瞬く間に交わし去った。ゴール前では手応えにも余裕を見せたように、奥行きを感じさせるデビュー勝ちとなった。

 レース後にルメール騎手は「能力がありそう。ゲートだけ遅くて、まだ子供です。乗り味はすごくよかった。体もいいし、いい馬になれると思う」と良血馬の走りに満足するコメントを残した。

 オーソクレースの父は、今年の牝馬クラシックを無敗で制したデアリングタクトを輩出したエピファネイア。母マリアライトは15年のエリザベス女王杯(G1)を優勝、16年の宝塚記念(G1)では2冠馬ドゥラメンテを破って勝利した名牝だ。

 さらに、祖母のクリソプレーズはマリアライト以外にもクリソベリル、リアファル、クリソライトを出すなど、その孫となるオーソクレースには競馬界を代表する一族の血が流れている。

「新馬戦はどの馬も脚質が定まっていないだけに、スローで流れることは珍しくありません。それだけに、直線で外に出されてただ1頭33秒台の上がりで突き抜けたオーソクレースのレース内容には目を見張りました。

血統的にもクラシックを意識出来る良血馬ですし、ルメール騎手が高い評価を与えたのもわかりますね。エピファネイア産駒ですし、距離が伸びても問題ないでしょう」(競馬記者)

 472キロでデビューと馬格にも恵まれたオーソクレース。

 叔父にクリソベリルやクリソライトらもいるようにダートでも活躍が期待できそうな血統でもある。

 ルメール騎手にとっても、2日の札幌新馬で圧勝したバニシングポイントに続いて、重賞を意識出来そうな期待馬のデビュー勝ちとなった。

JRAルメール「能力がありそう」オーソクレースが圧勝デビュー! 母マリアライトの良血がクラシック候補に名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!