NEW

JRA『ウイニング競馬』ジャンポケ斉藤、レパードS(G3)会心の1点的中! 「速い流れになって欲しい!」から、まさかの“自演逃げ”も……

【この記事のキーワード】, ,

JRA『ウイニング競馬』ジャンポケ斉藤、レパードS(G3)会心の1点的中! 「速い流れになって欲しい!」から、まさかの自演逃げも……の画像1

 ついに、この男の時代が来たのだろうか。

 9日、新潟競馬場で行われた3歳限定ダート重賞・レパードS(G3)は、ケンシンコウ(牡3歳、美浦・小西一男厩舎)が優勝。7番人気の低評価を覆し、レコード勝ちを飾った。

 3歳ダートの猛者が集結したとあって、1番人気のデュードヴァンが単勝3倍という混戦模様。馬券的にも非常に難解なレースだったが、伏兵ケンシンコウの激走を信じ、果敢に単勝1点勝負を挑んでいた男がいる……。

 関東圏で土曜日の競馬中継を行っている『ウイニング競馬』(テレビ東京)でお馴染みのジャンポケ斉藤こと、お笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二だ。

 番組後半で明日の重賞予想を行う中、斉藤が出した結論はケンシンコウの単勝5000円1点勝負。結果的に単勝は22.3倍の配当が付いたため、11万1500円と快勝を決めたことになる。

「いつも単勝で果敢に穴馬を狙っているジャンポケ斉藤さんですが、ここのところは不的中が続いていました。しかし、今週は番組内で中継された佐渡S(3勝クラス)で本命視した14番人気のフィニフティが2着に激走。単勝勝負のため、残念ながら的中とはなりませんでしたが、この時点で『今週の斎藤さんは持ってる』と考えるべきでしたね。お見事でした」(競馬記者)

 ただ記者曰く、今週のジャンポケ斉藤は冴えている以上に「持っていた」ようだ。

「というのも、ケンシンコウは前走のユニコーンS(G3)を鋭い末脚で3着したこともあって、番組内で斉藤さんが出した『ケンシンコウ単勝5000円』と書かれたフリップには『速い流れになって欲しい!』というコメントも書かれていたんですよ(笑)。

しかし、まずまずのスタートを決めたケンシンコウは、果敢にハナ争いへ。1枠1番の利を活かしてコーナーワークで先頭に躍り出ると、そのまま自分でペースを作って逃げ切り勝利と、斎藤さんの展開予想とは違った形になりました。

レース後に小西調教師が『ハナに行ったことで落ち着いて、ロスなく回ってくることができた』と振り返っていた通り、結果的には気分よく逃げたことが最大の勝因。ですが、馬券は当ててこそでしょう。“棚ぼた”かもしれませんが『今週の斎藤さんは持ってた』と思います」(同)

 この的中劇には、同じ『ウイニング競馬』でレギュラー出演しているキャプテン渡辺も、自身のTwitterを通じて「昨日のフィニフティといい、ジャングルポケットの斉藤君は天才なのかな…」とコメント。

 番組内での“ライバル”も認めざるを得ない会心の的中となった。

JRA『ウイニング競馬』ジャンポケ斉藤、レパードS(G3)会心の1点的中! 「速い流れになって欲しい!」から、まさかの“自演逃げ”も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  6. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  7. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦