NEW

JRA藤沢和雄厩舎の超良血馬「異例」の未勝利OP挑戦!? ディープインパクト×エアグルーヴを母に持つ良血馬に「上積み必至」の厩舎事情?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA藤沢和雄厩舎の超良血馬が「異例」の未勝利OP挑戦!? ディープインパクト×エアグルーヴを母に持つ良血馬に「上積み必至」の厩舎事情?の画像1

 今週もモーリス産駒の勢いが止まりそうにない。

 先週の新馬戦では3勝と、ここに来て勢いを増してきたモーリス産駒。先週、芝の新馬戦は5レースあったが、モーリス産駒が出走していた新馬戦は3レースのみ。つまり、出走した新馬戦すべてで勝利を収めた事となる。

 そんな中、今週15日(土)の札幌10Rコスモス賞(2歳OP)に「未勝利馬」でありながら、モーリス産駒であるカランドゥーラ(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が出走を予定している。

 6月21日の新馬戦では、C.ルメール騎手らしい完璧な立ち回りから粘り込みを図ったが、ブルーシンフォニーの強襲に遭い2着。

 レース後、ルメール騎手が「途中から真面目に走ってくれた。まだ太い」とコメントしており、敗因として仕上がり面での影響があったのは否定できないところだ。

「カランドゥーラの新馬戦は当初、1週後の6月27日の芝1800mを予定していたんですよね。ただ、その日はルメール騎手が阪神で騎乗。6月21日の出走を予定していた同厩舎のアークライトが目標変更した事によって、1週前倒しで出走した経緯があります。

デビュー戦でルメール騎手が『まだ太い』と言ったのも、1週前倒しで出走したことが影響したと思われます」(競馬記者)

 そんなカランドゥーラだが、仕切り直しとなる今回の出走に向けては「モーリス産駒で気が良いし、余裕を持ったローテで」と藤沢和雄調教師がコメントしているように、前向きな気性からも間隔が開いた事は問題なさそう。

 まだ未勝利の身でありながらコスモス賞(2歳OP)に登録してきたというのも、大きな上積みが見込めると思っての事だろう。

「センスがありますし、馬の完成度は高く感じました。新馬戦特有のスローペースで2着に敗れはしましたが、もう少しペースが上がって総合力が問われるレースの方が良さそうです。コスモス賞なら格上挑戦となりますが、そこら辺も考えての采配なのかもしれませんね」(同)

 母ラストグルーヴの名からも分かる通り、名牝エアグルーヴの一族である本馬。祖母エアグルーヴのように2戦目での大きな変わり身は見られるのか……。

 15日(土)の札幌競馬で芝1800m戦(2歳未勝利)がある為、現時点ではこちらへの出走もありそうな状況。

 どちらにしても、今回のレースで真価を問われる事となりそうだ。

JRA藤沢和雄厩舎の超良血馬「異例」の未勝利OP挑戦!? ディープインパクト×エアグルーヴを母に持つ良血馬に「上積み必至」の厩舎事情?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!