NEW

JRA川田将雅「塩対応」に関係者も戦々恐々!? 新潟は1番人気8連敗の「大誤算」も小倉で一変なるか

【この記事のキーワード】

JRA川田将雅「塩対応」に関係者も戦々恐々!? 新潟は1番人気8連敗の「大誤算」も小倉で一変なるかの画像1

 先週の新潟開催は土曜から降り続いた雨の影響を大きく受けた。芝もダートもそれまでの軽い馬場から一転して力のいる馬場となり、前に行った馬の粘り込みが目立つ結果となった。

 そんな中、特に不振を極めたのが騎手リーディングでC.ルメール騎手に次ぐ2位の川田将雅騎手だ。土日あわせて11鞍に騎乗し、連対ゼロ。1番人気馬の騎乗も8鞍ありながら、3着4回と惨憺たる結果に終わった。

 日曜は10R信濃川特別(2勝クラス)で単勝1.9倍の圧倒的1番人気に支持されたルリアンで3着。メインレースのレパードS(G3)でも1番人気デュードヴァンで4着に沈んだ。

 いずれのレースも少なからず展開や馬場の影響があった可能性も高く、一概に川田騎手が不振だったと判断するには早計だろう。

 だが、川田騎手が精神的にリラックスできていない予兆は、少し前から見受けられたという声もあった。

「暑さ対策の為に設置されているパドックなどのミストについても、JRAの職員に対してミストが強過ぎて前が見えないし、馬が驚いたりして危ないと険しい表情で詰め寄っていました」(競馬記者)

 また、レース後のコメント取りの際にも関係者に厳しい言葉を投げかけることがあったようだ。

「同じく新潟で騎乗していた菊沢一樹騎手は、自らマスコミの方に歩み寄って『僕のコメント要りますか?』と丁寧に聞いてくれるのですが、それを目の当たりにした川田騎手は菊沢騎手に対して『まだ確定する前から喋るんじゃない』と注意。

さらに『マスコミの人も話しかけるからこういう事になるんです。レースが確定するまでは検量室に入って来ないで下さい』と苦言を呈していました」(別の記者)

 勿論、プロ意識の強い川田騎手の言うことは正論である。ミストの件にしても競走馬のことを思っての発言だ。確かに関係者への苦言も的を射ている。ただ、正論であるがために誤解されやすい側面もあるのだろう。

「レース後のコメントも遅くなることが多いため、こちらから話しかけても今は忙しいと断られることもあり、マスコミ対応は決してソフトとはいえません。来週からは小倉開催が始まり、川田騎手はそちらが主戦となるため、関東の記者はホッと胸を撫でおろしていたという話も聞こえてきましたよ」(同記者)

 佐賀県出身の川田騎手にとっても小倉競馬場は地元同然で力も入るだろう。

 新潟の不振は忘れて、大暴れに期待したいところだ。

JRA川田将雅「塩対応」に関係者も戦々恐々!? 新潟は1番人気8連敗の「大誤算」も小倉で一変なるかのページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!