NEW

JRA小倉記念(G3)「絶好調」武豊騎手が今年も小倉に参戦! 「4200勝」「日本レコード」勢いに乗って、本格化ランブリングアレーを重賞初制覇に導く!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA小倉記念(G3)「絶好調」武豊騎手が今年も小倉に参戦! 「4200勝」「日本レコード」勢いに乗って、本格化ランブリングアレーを重賞初制覇に導く!?の画像1

 今週16日に小倉競馬場で行なわれる小倉記念(G3)にランブリングアレー(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)が出走してくる。

 3歳時はフラワーC(G3)3着があったものの軌道に乗ることができず、4歳になった今年、ようやく本格化してきた。2連勝でOP入りした今回、いよいよ重賞制覇へチャレンジする。

 鞍上は、先週JRA通算4200勝を記録したばかりの武豊騎手だ。

 9日の札幌7Rで1番人気ドゥラモットを勝利に導き、史上初、前人未到の4200勝を達成。レース後、引き上げてきた武騎手を最初に出迎えたのはC.ルメール騎手で、「勝ちすぎ」とイジると、これに対して武騎手は「あなたがいなければもっと早く勝てた」とツッコミを入れていた。

 勢いに乗る武騎手は、翌10日に盛岡競馬場で行なわれたクラスターC(G3)で1番人気マテラスカイに騎乗し、日本レコードで優勝。

 現在の岩手競馬は、新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに沿い、制限をしながら観客を入れている。久しぶりに観客を前にしての勝利ジョッキーインタビューで「久しぶりのお客さんの前のレースだったので、馬の方は落ち着いていたんですが、僕が緊張しました」とファンを和ませた。

 いま波に乗っている武騎手が、今年も小倉競馬に参戦してくる。急成長を遂げているランブリングアレーは、この武騎手の勢いにも乗って、重賞初制覇を一気に決めたいところだろう。

「小倉記念はハンデ戦ですが、前走斤量50キロで恵まれたとはいえマーメイドS(G3)を勝ったサマーセントが今回52キロで、OP入りしたばかりのランブリングアレーは、それより1キロ重い53キロなんです。

一見すると不利に思われがちですが、これはJRAのハンデキャッパーがランブリングアレーの能力を高く評価している表れだと思います。

今回騎乗する武騎手は、小倉記念通算4勝で現役最多であり、得意とするレースです。最近では2018年のトリオンフで勝利しており、陣営としては心強いジョッキーです」(競馬記者)

 ランブリングアレーを管理する友道調教師は、『週刊ギャロップ』によると「放牧を挟んでここを目標に順調にきています。ようやく軌道に乗ってきたし、もともと素質を感じさせていた。開幕週の馬場というのもいい」と語っており、陣営の準備はほぼ整っているようだ。

 いまだにJRAは無観客競馬が続くが、武騎手はいつか観客の前でレースができる日までモチベーションを落とさず、今週も競馬を見せてくれることだろう。得意の小倉記念でランブリングアレーに重賞勝ちをプレゼントすることができるか、武騎手の手綱捌きに注目だ。

JRA小倉記念(G3)「絶好調」武豊騎手が今年も小倉に参戦! 「4200勝」「日本レコード」勢いに乗って、本格化ランブリングアレーを重賞初制覇に導く!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!