NEW

JRA単勝回収率「516%」のアノ馬が2歳戦でドゥラメンテ、モーリスを凌駕! 穴馬券連発で注目の存在に

【この記事のキーワード】

,

JRA回収率「516%」のアノ馬が2歳戦でドゥラメンテ、モーリスを凌駕! 穴馬券連発で注目の存在にの画像1

 6月から始まった2歳戦もはや8月半ばに突入。昨年死亡したディープインパクト、キングカメハメハの後継種牡馬争いも激戦が繰り広げられている。

 最も注目を集めていた新種牡馬ドゥラメンテ、モーリス産駒の勝ち数が伸び悩んだこともあり、混迷を極めていた。だが、一時は種牡馬としての成功に黄色信号が点灯しつつあった2頭も順調に勝ち星を積み上げて、再評価されつつある。

 今週から始まる小倉開催の前に、ここまでの2歳戦の成績を振り返ってみたい。

 以下は6月6日から8月9日までの2歳戦における種牡馬別の成績である。

1位 ディープインパクト【6- 6- 3-10/25】勝率24.0%、連対率48.0%、複勝率60.0%
2位 ドゥラメンテ   【6- 4- 4-29/43】勝率14.0%、連対率23.3%、複勝率32.6%
3位 ダイワメジャー  【6- 3- 1-24/34】勝率17.6%、連対率26.5%、複勝率29.4%
4位 ゴールドシップ  【5- 1- 1-13/20】勝率25.0%、連対率30.0%、複勝率35.0%
5位 キズナ      【4- 7- 5-33/49】勝率8.2%、連対率22.4%、複勝率32.7%
6位 モーリス     【4- 6- 5-23/38】勝率10.5%、連対率26.3%、複勝率39.5%
7位 リオンディーズ  【4- 0- 2-26/32】勝率12.5%、連対率12.5%、複勝率18.8%

 ディープインパクトが貫録を見せて1位となったが、7月に4勝を挙げたドゥラメンテが2位に浮上。モーリスは8月に入って一気に浮上。先週の土日で3勝の大攻勢でのし上がった。

 3位のダイワメジャーは得意の夏競馬で安定感を見せている。この時期の新馬戦はローカル開催で短距離戦が多く組まれていることも、短距離志向が強い種牡馬の強みだろう。

 意外性を見せたのが4位のゴールドシップだ。

 産駒の出走回数はわずか20回と上位では最少にもかかわらず、5勝を挙げている。勝率25%は1位のディープインパクトすら上回る。1着以外は2着1回、3着1回であり、単勝で勝負できる種牡馬といえそうだ。

 最も大きな特徴といえるのが、これだけの好成績を残していても上位人気馬の出走がないことである。勝ち馬の人気の内訳も3番人気1勝、4番人気1勝、5番人気2勝、10番人気1勝と1、2番人気に支持された馬は皆無。他も10番人気2着、5番人気3着なのだから狙って損はない。

 それもそのはず、ゴールドシップ産駒の単勝回収率は516%と圧倒的な数字を出しているのだ。それだけに同馬の産駒が出走する2歳戦は穴馬券をゲットするには絶好のチャンスかもしれない。

 今週から積極的に狙ってみるのも面白そうだ。

JRA単勝回収率「516%」のアノ馬が2歳戦でドゥラメンテ、モーリスを凌駕! 穴馬券連発で注目の存在にのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!