NEW

橋本マナミ「産後復帰早すぎ」批判に怒り! 擁護論続出の一方で「一般人も同じだと思われると困る」という意見も

【この記事のキーワード】

,

橋本マナミ「産後復帰早すぎ」批判に怒り! 擁護論続出の一方で「一般人も同じだと思われると困る」という意見もの画像1

 7月2日に第1子となる男の子を出産したタレントの橋本マナミが、産後約4週間で仕事復帰したことへの批判について「納得がいかない」と反論。それをきっかけにネット上で賛否両論が巻き起こっている。

 橋本は、12日に放送されたTOKYO MXの情報バラエティ『バラいろダンディ』に出演。産後約4週間でリモート生出演を果たしたことが話題になった際に「ネットニュースのコメントを見ると『ちょっと早すぎるんじゃないか』とか『子どもに愛情が足りない』とか、批判的なものがすごく多かった」と言い、そういったネットの意見に心を痛めたと告白した。

 さらに、橋本は「なぜ出産後に仕事を早く再開しちゃダメなのか」と疑問を呈した。妊娠したことを周囲に報告した際にも「産んだら育児に専念して、旦那さんを支えて仕事をしばらく休んだ方がいいね」という意見が多かったそうで、橋本は「今の日本って、女が育児をやるものって固定概念がつきすぎてるんじゃないかな。今は女性が活躍できる社会で、男性も育休を取ることができるので、夫婦で協力してふたりとも仕事ができると思う」と持論を展開している。

 続けて、母親が子どもの面倒を見ること自体は「とても大切だと思っています」としつつも、橋本は「ただ、預けっぱなしでもないので、批判がちょっと納得いかないな」と不満をあらわにした。

 この一連の訴えに対し、シングルマザーでもある司会の大島由香里アナは「私は常々言っていますが、身体の回復度とか子どもの個性とか育児の環境は本当に千差万別です。人それぞれなのだから、復帰のタイミングとか仕事の調整というのは本人の自由。それに尽きると思います」と同調した。

 放送後、ネット上では賛否両論が起きている。

 女性向け掲示板サイトなどでは「確かに関係ない外野が言うことじゃない」「早期復帰できる環境があって体調も大丈夫なら他人に文句言われる筋合いないでしょ」「子どもが可哀想とか言ってる人たちは単に親を批判したいだけ」といった橋本への擁護意見が目立った。

 一方、大手ポータルサイトのコメント欄では「芸能人はお金やバックアップ体制があるからいいけど一般人も同じだと思われると困る」「橋本さんのように影響力のある人がスピード復帰すると、すべての女性が『産んですぐ働けるんじゃん』と思われかねない」「早く仕事復帰するのが美徳みたいな世の中になってない?」といった声も。

 橋本が復帰すること自体には反対しないものの、彼女をはじめとした女性芸能人の「スピード復帰」の影響が一般社会に及ぶことを危惧している人が多いようだ。

 だが、橋本は仕事復帰直後に更新した自身のブログで「こんなに早く世のママたちが普通にお仕事できる環境と思われたくない」として、「私も毎日、慢性の寝不足でフラフラになりながらやっていますが、主人に協力してもらって、見てくれているときは仮眠したり、マッサージしてリフレッシュしたり、、、なのでなんとか産後うつにもならず元気に過ごさせてもらっています」と記述。

 さらに、恵まれた環境と夫の支えがあってこそのスピード復帰だったとした上で「産んだあともすぐお仕事できるでしょと思われると大変な方もたくさんいらっしゃると思うので、そこは産後のママさんたちのケアは旦那さんも職場の皆さんも気にかけてくれたら嬉しいなと思います」と呼びかけていた。

 どうやら、橋本は世間一般のママさんたちの立場を理解し、それをフォローする言葉も発信した上で「批判」に反論していた様子。心遣いにスキがなく、彼女が売れっ子タレントとして活躍している理由の一端が垣間見えたともいえそうだ。

橋本マナミ「産後復帰早すぎ」批判に怒り! 擁護論続出の一方で「一般人も同じだと思われると困る」という意見ものページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!