NEW

サミーネットワークが「777EC」オープン! 第1弾は「僥倖スペック」パチスロ!?

【この記事のキーワード】

, ,

サミーネットワークが「777EC」オープン! 第1弾は「僥倖スペック」パチスロ!?の画像1

 サミーネットワークスは8月3日、ホール関係者専用サイト「777(スリーセブン)EC」の開設を発表した。

 777ECは、遊技機に関する販売からアフターサービスまでを統合したプラットフォームとして、これまで人事を介して行われてきた遊技機に関する業務がワンストップで可能となるサービス。ホール関係者はサミーが運営する専用サイト「Sammy Plus」のログインID及びパスワードで利用できる。

 製品購入時は、ECサイトならではのクレジット機能も使用可能。オンライン上での見積もり発行や売買契約もでき、業務効率向上に寄与する。

 製品の魅力や仕様などについては資料やFAQなどをサイト上で確認可能。実機試打アプリも用意し、支店営業所に出向かなくてもPCやスマホで製品を気軽に試打できるそうだ。

 現在、コロナ禍により働き方の見直しが求められている。そのひとつが販売業務。従来、パチンコ及びパチスロ機はメーカー、或いは委託された販売業者の営業マンを介して購入するのが基本であるが、このシステムであれば人との接触を極力減らせる上に、オンライン上で24時間365日の対応も不可能ではない。効率性やコストカットの面で、それなりの成果を上げることが予想できる。

 正直、読者の方々にとってはさほど興味のない話かもしれない。だが、サミーが先日、そんな同サイトの販売第1弾としてかねてより話が浮上していた「僥倖スペック」マシンの名を発表したとなれば、否が応でも気になることであろう。そう、そのマシンとは『回胴黙示録カイジ~沼~』である。

 カイジ沼は4thリール搭載機で、その名の通り、原作漫画の中でも人気が高い「沼シリーズ」がモチーフ。出玉増加の主軸は1G純増約9.0枚のAT機能「沼ボーナス」で、「沼攻略戦」で見事に3段クルーンを突破できればATが約束される。

 インターバルなしのATは1セット300枚の差枚数管理型で、消化中は成立役に応じて「運」獲得抽選。この運を貯めれば貯めるほど次セット継続期待度が高まり、4セット継続=1200枚獲得でエンディングを迎える。

 AT突入時のエンディング到達率は設定1で70%と高い数値を誇るだけでなく、終了画面で「次回256G以内に沼攻略戦!?」が出現した場合は早期初当りのチャンス。ヒキ次第ではさらなる大量出玉獲得が狙える。

 とにかくホールに導入されないことには、この快速出玉は味わえない。今後の動きに注目したいところだ。

サミーネットワークが「777EC」オープン! 第1弾は「僥倖スペック」パチスロ!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事