NEW

JRA出鼻をくじかれた「16億円」の大勝負……。「神の馬」の二の舞だけは避けたい日高に朗報!? 海外からのニュースに関係者も安堵か

【この記事のキーワード】,

JRA出鼻をくじかれた「16億円」の大勝負……。「神の馬」の二の舞だけは避けたい日高に朗報!? 海外からのニュースに関係者も安堵かの画像1

 今年の新種牡馬として注目を集めているドゥラメンテとモーリス。

 ドゥラメンテ産駒は現在6勝で、ディープインパクト、ダイワメジャーと並んで2歳リーディングトップタイと絶好調だ。その一方、なかなか2勝目が挙げられなかったモーリス産駒だったが、先週の開催で3勝の固め打ち。これでトータル4勝とし、今後デビューを予定している産駒にも期待が持てそうだ。

 2頭は日本で注目の新種牡馬だが、世界規模で考えればカリフォルニアクロームという大物の初年度産駒も今年デビューしている。

 現役時代にG1・7勝を挙げたカリフォルニアクローム。ホッコータルマエが出走した2016年のドバイWC(G1)では、圧倒的な強さで日本の競馬ファンにも大きな衝撃を与えた。17年に現役を退いてからは、母国アメリカで種牡馬生活を送っていた。

 だが、そこに衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 昨年11月、新ひだか町の株式会社ジェイエスが、2020年からカリフォルニアクロームをアロースタッドで供用することを発表した。購入価格はなんと約16億円。超高額でアメリカのトップホースを日本に招き入れたのだ。

 過去には日高の生産者団体が、「神の馬」とも呼ばれたラムタラを約33億円で購入したことがあった。しかし、ラムタラは約10年間の種牡馬生活で、産駒のJRA平地重賞勝利は1勝のみ。期待に応えるような活躍ができなかった。これは日高の生産者にとって苦い記憶のはずだ。

 ラムタラの“失敗”があるだけに、カリフォルニアクローム産駒の活躍は渇望される。そして、社台グループ1強体制の日本競馬に風穴を空けるという意味では、日高の生産者の今後を握る存在と言っても過言ではないだろう。

 日本生産馬のデビューは3年後だが、米国産の初年度産駒は4頭がJRAで競走馬登録されている。そのうちの1頭であるカルフレグランスはすでに出走済みだ。

 7月に函館芝1200mで、期待を背負いデビューしたカルフレグランス。だが、結果は7着と奮わなかった。それでも、父が得意としていたダートではないため、そこまで悲観する必要はないだろう。次走に選んだのは札幌ダート1700mの未勝利戦。ダートで本領発揮といきたいところだったが、3着に敗れた。

「これには日高の生産者も、がっかりしたのではないでしょうか。惜敗の3着ならまだしも、勝ち馬とは8馬身以上の差がついていますからね。ただ、これだけでカリフォルニアクローム産駒の判断はできませんので、これからに期待ですね」(競馬記者)

 そんなところに、アメリカからいい知らせが届いた。

JRA出鼻をくじかれた「16億円」の大勝負……。「神の馬」の二の舞だけは避けたい日高に朗報!? 海外からのニュースに関係者も安堵かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち