NEW

JRA出鼻をくじかれた「16億円」の大勝負……。「神の馬」の二の舞だけは避けたい日高に朗報!? 海外からのニュースに関係者も安堵か

【この記事のキーワード】

,

JRA出鼻をくじかれた「16億円」の大勝負……。「神の馬」の二の舞だけは避けたい日高に朗報!? 海外からのニュースに関係者も安堵かの画像1

 今年の新種牡馬として注目を集めているドゥラメンテとモーリス。

 ドゥラメンテ産駒は現在6勝で、ディープインパクト、ダイワメジャーと並んで2歳リーディングトップタイと絶好調だ。その一方、なかなか2勝目が挙げられなかったモーリス産駒だったが、先週の開催で3勝の固め打ち。これでトータル4勝とし、今後デビューを予定している産駒にも期待が持てそうだ。

 2頭は日本で注目の新種牡馬だが、世界規模で考えればカリフォルニアクロームという大物の初年度産駒も今年デビューしている。

 現役時代にG1・7勝を挙げたカリフォルニアクローム。ホッコータルマエが出走した2016年のドバイWC(G1)では、圧倒的な強さで日本の競馬ファンにも大きな衝撃を与えた。17年に現役を退いてからは、母国アメリカで種牡馬生活を送っていた。

 だが、そこに衝撃的なニュースが飛び込んできた。

 昨年11月、新ひだか町の株式会社ジェイエスが、2020年からカリフォルニアクロームをアロースタッドで供用することを発表した。購入価格はなんと約16億円。超高額でアメリカのトップホースを日本に招き入れたのだ。

 過去には日高の生産者団体が、「神の馬」とも呼ばれたラムタラを約33億円で購入したことがあった。しかし、ラムタラは約10年間の種牡馬生活で、産駒のJRA平地重賞勝利は1勝のみ。期待に応えるような活躍ができなかった。これは日高の生産者にとって苦い記憶のはずだ。

 ラムタラの“失敗”があるだけに、カリフォルニアクローム産駒の活躍は渇望される。そして、社台グループ1強体制の日本競馬に風穴を空けるという意味では、日高の生産者の今後を握る存在と言っても過言ではないだろう。

 日本生産馬のデビューは3年後だが、米国産の初年度産駒は4頭がJRAで競走馬登録されている。そのうちの1頭であるカルフレグランスはすでに出走済みだ。

 7月に函館芝1200mで、期待を背負いデビューしたカルフレグランス。だが、結果は7着と奮わなかった。それでも、父が得意としていたダートではないため、そこまで悲観する必要はないだろう。次走に選んだのは札幌ダート1700mの未勝利戦。ダートで本領発揮といきたいところだったが、3着に敗れた。

「これには日高の生産者も、がっかりしたのではないでしょうか。惜敗の3着ならまだしも、勝ち馬とは8馬身以上の差がついていますからね。ただ、これだけでカリフォルニアクローム産駒の判断はできませんので、これからに期待ですね」(競馬記者)

 そんなところに、アメリカからいい知らせが届いた。

JRA出鼻をくじかれた「16億円」の大勝負……。「神の馬」の二の舞だけは避けたい日高に朗報!? 海外からのニュースに関係者も安堵かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!