NEW

“東京五輪メダル候補”の小林優香と、”ガールズケイリン最強”の児玉碧衣がガチンコ対決!競技組と競輪組のトップを張る”同門対決”に注目!【G1名古屋オールスター競輪】

【この記事のキーワード】

, ,

東京五輪メダル候補の小林優香と、ガールズケイリン最強の児玉碧衣がガチンコ対決!競技組と競輪組のトップを張る同門対決に注目!【G1名古屋オールスター競輪】の画像1
G1オールスター競輪 オールスター競輪特設サイトより

 名古屋競輪で開催されている真夏の祭典『G1オールスター競輪』は今日15日、いよいよヤマ場の準決勝(10~12R)を迎える。準決勝前の9Rでは女子ファン投票1~7位による注目の「ガールズドリーム」が号砲。

 特に”競技組”トップの小林優香(26・福岡)と”ケイリン組”最強の児玉碧衣(25・福岡)の同門対決は見逃せない。

 男子レーサーの準決勝にも引けを取らない注目を集めているのが、ファン投票で選ばれたガールズ戦士トップ7人のガチンコ対決だ。中でも同門で、姉弟子小林優香と妹弟子児玉碧衣の激突は必見。7月いわき平の「ガールズケイリンフェスティバル」決勝では、児玉が3着、小林が5着に敗れているが、一発勝負のここは、同レースを制した高木真備へのリベンジはもちろん、競技とケイリンの最強女子のプライドをかけ、激しい火花を散らすのは間違いない。

 小林と児玉は、デビュー20年のベテラン藤田剣次を師匠に持つ同門。姉弟子の小林は14年5月にデビューし、通算220戦195勝(勝率88・6%)。デビュー翌年の15年にガールズグランプリを制するなど、ガールズの特別4レース(新人対象のフレッシュクイーンは除く)をすべて制している唯一のグランドスラマーだ。14、15年にはガールズの最優秀選手賞を獲得し、15年は女子の賞金王にも輝いている。

 また小林は、17年から本格的に競技のナショナルチームに重点を置き、「2018-2019トラックワールドカップ」第3戦のベルリン大会では、女子ケイリンで日本女子選手初の銅メダルを獲得している。来年に延期された東京五輪でも自転車競技で女子初となるメダル獲得に狙いを定めており、まずはケイリンでも女王復活をアピールしたいところだろう。
 
 一方、妹弟子の児玉は15年7月のデビュー以来、375戦309勝(勝率82・4%)。18、19年にはガールズグランプリ制覇とともに、賞金女王の座も射止めている。今年も24連勝を含む35勝(2敗)と無敵の快進撃を続けている。競技に比重を置く姉弟子とは対照的に、児玉はケイリン一筋。今回のファン投票でも4年連続1位に輝くなど、名実ともにガールズケイリンの史上最強女子と言っても過言ではないだろう。

 東京五輪の延期で競技組も参戦し、まさに最強ガールズを決めるにふさわしい豪華メンバーが集まった今回の「ガールズドリーム」。ファン投票2位の高木真備は、今年3日開催のシリーズに15節参戦し、10節で完全V。残る5節の内、4節も準優勝(残り1節は中止)と快進撃を続けている。連対を外したのは3月の「ガールズケイリンコレクション」(7着)のみ。7月の「ガールズケイリンフェスティバル」決勝で小林、児玉らを撃破した勢いは本物だ。

 またファン投票3位で昨年の「ガールズドリーム」覇者の石井寛子、小林とともにナショナルチームで五輪メダルを狙う太田りゆも地力は十分だ。太田、長沢彩、石井貴子以外の4人が過去に「ガールズドリーム」を制している重厚な布陣。現在のガールズケイリン界を代表する精鋭ガールズ選手が集結した。猛暑の名古屋オールスターは、熱い女の戦いからも目が離せない。

 それでは4日目(15日)9Rの「ガールズドリーム」の展望に入ろう。

 1号車 児玉 碧衣(25・福岡)
 2号車 高木 真備(25・東京)
 3号車 石井 寛子(34・東京)
 4号車 小林 優香(26・福岡)
 5号車 石井 貴子(30・千葉)
 6号車 太田 りゆ(25・埼玉)
 7号車 長沢  彩(32・愛知)

 総合力で児玉が優勝に最も近い位置にいるのは間違いない。「ガールズケイリンフェスティバル」決勝は想定外の前受けになり、消化不良のレースとなってしまった。今回はその雪辱戦。仕掛けのタイミングを誤ることさえなければ、女子最強のダッシュ力とスピードでリベンジ濃厚だ。

 女王・児玉に待ったをかけるのは姉弟子の小林。今年ケイリン2節目だった「ガールズケイリンフェスティバル」は精彩を欠く走り。練習方法、勝負勘を含め、競技との両立は簡単ではないが、今年ケイリン3節目の今回、本来の豪快な走りが復活する頃だろう。

 勢いなら高木。今年すでに40勝を超え、児玉を上回る勝ち星数が今の勢いを示している。自在な立ち回りが冴えており、ここも展開を読み切り、先頭ゴールへ一直線だ。

 車券は手堅くまとめ、穴狙いは避けた方が賢明だ。

1=4-23(本線)
2-14-143(穴目)

“東京五輪メダル候補”の小林優香と、”ガールズケイリン最強”の児玉碧衣がガチンコ対決!競技組と競輪組のトップを張る”同門対決”に注目!【G1名古屋オールスター競輪】のページです。GJは、ボートレース・競輪、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!