NEW

JRA 小倉記念(G3)角居勝彦厩舎“ウオッカの仔”タニノフランケル激走の鍵は『やる気スイッチ』!?

【この記事のキーワード】

,

JRA 小倉記念(G3)角居勝彦厩舎ウオッカの仔タニノフランケル激走の鍵は『やる気スイッチ』!?の画像1

 今週16日に小倉競馬場で行なわれる小倉記念(G3)に名牝ウオッカの仔、タニノフランケル(牡5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が出走する。

 オープン入りしてから1年9カ月経つが、いまだに重賞勝ちがなく、勝ち切れないために獲得賞金金額が1億円に届かず9200万円止まり。現在はスランプに陥り、管理する角居調教師も頭が痛いところだろう。

 タニノフランケルはデビュー前、父・フランケル、母・ウオッカが獲得したG1の数を合せて“17冠ベビー”などと騒がれ注目を浴びていたが、その後は足踏み状態。

 4歳に中山金杯(G3)3着、小倉大賞典(G3)2着と連続して結果を出し始めて、いよいよ本格化してきたと思われたのだが、以後9戦連続馬券圏外に沈んで現在に至っている。血統的バックボーンを考えても、かなり高いポテンシャルを秘めていると思われるだけに、何かのきっかけ一つで、その能力が開花することも十分に考えられる。

「タニノフランケルは、小倉競馬場と相性が良く【1.1.0.2】。4着以下に負けた2戦のうち、1回は4着でしたから、この平坦コースが合うのでしょう。

そして、今回鞍上には“元主戦”の幸騎手が2年ぶりに戻ってきます。これまでタニノフランケルで2勝しているジョッキーなので、この馬を手の内に入れていることでしょう」(競馬記者)

 幸騎手はタニノフランケルについて「能力はある馬。前向きさが足りないところがあるので『やる気スイッチ』を入れられたら」(『日刊スポーツ』より)と語っている。タニノフランケルが変わってくる可能性は十分にある。

 これまでウオッカやその子ども達を管理してきた角居調教師は、来年2月に勇退が決まっいる。厩舎は「ウオッカの子で日本ダービー(G1)を勝つ」という究極的な目標を掲げてきたが、その夢は叶うことはなかった。

 だが、昨年4月にウオッカが亡くなり、このタニノフランケルを重賞勝ち馬にしてG1を狙える位置に持っていくことで、種牡馬への可能性が出てくる。

 まずは、今週の小倉記念で結果が欲しいところであり、幸騎手がどんな手段でタニノフランケルの『やる気スイッチ』のボタンを押してくれるのか、楽しみな一戦である。

JRA 小倉記念(G3)角居勝彦厩舎“ウオッカの仔”タニノフランケル激走の鍵は『やる気スイッチ』!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!