NEW

JRA福永祐一「将来性を感じる」ヴェイルネビュラあわや「前が壁」も!? モノの違いで圧勝デビュー

【この記事のキーワード】

, ,

JRA福永祐一「将来性を感じる」ヴェイルネビュラあわや「前が壁」も!? モノの違いで圧勝デビューの画像1

 16日、新潟競馬場で行われた5R新馬戦(芝1800m)は福永祐一騎手の1番人気ヴェイルネビュラ(牡2、美浦・大竹一博厩舎)が勝利。2着に11番人気スマートワン、3着に4番人気セータステソーロが入って3連単は4万5920円となった。

 単勝オッズ1.5倍らしい完勝だった。

 ゴール板を鮮やかに駆け抜けたヴェイルネビュラだったが、決して楽な競馬が出来たわけではなかった。

 フルゲート18頭立てのレースは、先頭を奪った斎藤新騎手のスマートワンが軽快に飛ばした。1000m通過60秒8の淀みない流れに隊列は縦長に。3コーナー過ぎから先行勢が一気に動き出し、直線入り口では馬群が密集。内目の6番手を追走していたヴェイルネビュラは十分な手応え、福永騎手は促しながらゴーサインを出すタイミングを計っていた。

 だが、いざこれからというタイミングで周りにはライバル馬が殺到し、残り600mを過ぎてもまるで四面楚歌。ヴェイルネビュラに立ちはだかった壁を前に万事休すかと思われた。

 しかし、ここで冷静だったのが現在絶好調の福永騎手。

 内のパープルレインと外のアドマイヤハレーの間にスペースが出来ると、このチャンスを見逃さなかった。一発、また一発とパートナーに檄を入れつつゴーサイン。ヴェイルネビュラがこれに反応するとエンジンの違いを見せつけた。

 残り200m過ぎから本気を出すと、それから桁違いの切れ味を披露した。単騎逃げからの粘り込みを狙うスマートワンをあっさり交わすと、ゴールしたときには1馬身3/4の差をつけていた。

 レース後に福永騎手は「動き出しは鈍かったけど、スピードに乗ってからはいい走り。初戦としてはいい内容。将来性を感じる」とコメントしたように、粗削りながらも力で押し切った内容を高く評価した。

「スムーズさを欠いたにもかかわらず、ゴール前では流す余裕があったほどでした。血統的にロードカナロアということもあり、将来的にはマイルで期待出来そうですが、デビュー戦で1800mをこなしたのは大きいです。

着差以上の強さを見せただけに、重賞でも通用しそうな雰囲気があります。次走も注目の1頭になりそうですね」(競馬記者)

 福永騎手は土日の新潟で4勝を積み重ねて75勝。騎手リーディングも3位に浮上するなど存在感が光った。

 すっかり「夏男」となった名手から来週も目が離せない。

JRA福永祐一「将来性を感じる」ヴェイルネビュラあわや「前が壁」も!? モノの違いで圧勝デビューのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!