NEW

JRAレコード「大物2歳」フリードに続く第2の刺客!? 「ダービー意識」マイネル軍団の“秘密兵器”がいよいよデビュー

【この記事のキーワード】

, ,

JRAレコード「大物2歳」フリードに続く第2の刺客!? 「ダービー意識」マイネル軍団の秘密兵器がいよいよデビューの画像1

 先週、「マイネル軍団」の総帥として有名な岡田繁幸氏が所有する競走馬には「コスモ」の冠名が付く場合と付かない場合があり、後者の期待値が高いという話をさせて頂いた。

JRA「マイネル軍団総帥」岡田繁幸氏も期待の一頭!? 小倉競馬開幕で地元九州の川田将雅騎手が大反撃か

 そこで取り上げた岡田氏所有のフリードが先週16日、未勝利戦をJRAの2歳レコードで圧勝。業界屈指といわれる岡田氏の「相馬眼」の正確さを改めて証明する結果となった。

 そして今週、岡田氏がまたも「冠名なし」の期待馬を送り込む。23日(日)の新潟芝1800m新馬戦に出走予定のその名もイワズ(牡2歳、美浦・青木孝文厩舎)だ。馬名の意味は「言わない」であり、まさに“秘密兵器”と言わんばかりの馬名である。

 先週のフリードは類稀なるスピード能力を見せつけたが、「牝馬」だ。1400m戦でデビューし、1200m戦で勝ち上がった事からも、距離はマイルまでだろう。その一方で、以前より「ダービー制覇が最大目標」と公言している岡田氏にとって、「牡馬」であるイワズはダービーを意識する逸材に違いない。

 実際に、イワズは父にダービー馬であるキズナを持ち、芝の1800m戦でデビュー。鞍上にマイネル軍団のエース柴田大知騎手を予定しているのだから、目標は当然来年のクラシックだ。

 昨年まではG1となれば社台グループ育成馬の天下であったが、今年のクラシックはその様相が一変。

 牡馬クラシック戦線では、ノースヒルズ育成のコントレイルが無敗の2冠(皐月賞、ダービー)。牝馬クラシック戦線では、ノルマンディーファーム育成のデアリングタクトが無敗の2冠(桜花賞、オークス)を達成している。

 特にデアリングタクトに関しては、ノルマンディーサラブレッドレーシングの所有馬。岡田氏の甥にあたる将一氏が代表を務めるクラブ法人だ。弟・牧雄氏のグループにクラシック制覇は先を越されてしまった事となるが、逆に言えば日高育成馬でクラシック制覇を成し遂げた事実は、兄の岡田氏にとっても大きな刺激になったはず……。

 未だクラシック無冠の岡田氏であるが、再びダービー制覇へ意欲は高まっているに違いない。

 昨年、一時代を築いたディープインパクト、キングカメハメハという社台グループが誇る2頭の大種牡馬が亡くなった。今春のクラシックの結果を踏まえても「社台1強」の時代に陰りが差していることは明らかだ。

 デアリングタクトに続く新たなクラシック戴冠は達成されるのか……岡田一族の「逆襲」はまだまだこれからだ。

JRAレコード「大物2歳」フリードに続く第2の刺客!? 「ダービー意識」マイネル軍団の“秘密兵器”がいよいよデビューのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!