NEW

「ゴスデン×デットーリ」がフランスで大暴れ! エネイブル“後継候補”が5連勝でジャックルマロワ賞(G1)制覇!

「ゴスデン×デットーリ」がフランスで大暴れ! エネイブル後継候補が5連勝でジャックルマロワ賞(G1)制覇!の画像1

 16日、フランスのドーヴィル競馬場で行われたジャックルマロワ賞(G1)はL.デットーリ騎手のパレスピア(牡3歳、英・J.ゴスデン厩舎)が優勝。無傷の5連勝でG1・2勝目を飾った。

 デビューから3連勝でロイヤルアスコットの3歳マイル王決定戦・セントジェームズパレスS(G1)に挑戦したパレスピア。当時、G1・2勝(現3勝)のピナトゥボが1番人気に支持され、パレスピアは3番人気だった。だが、その下馬評を覆して、ピナトゥボに1馬身差をつける勝利。一躍、3歳マイル王の座に躍り出た。

 そして、古馬混合戦であるジャックルマロワ賞に出走。昨年のセントジェームズパレスS、ムーランドロンシャン賞(G1)、今年のクイーンアンS(G1)でマイルG1・3勝のサーカスマキシマス、コロネーションS(G1)の勝ち馬で、仏オークス(G1)ではクビ差の2着だったアルパインスター、今年のイスパーン賞(G1)を制したペルシアンキングなど、強力なライバルが集まった。

 レースでは最後方に控えたパレスピアだったが、半マイルを過ぎたあたりから進出を開始。残り400mでアルパインスターに並んで先頭に立つと、そこからは2頭のデットヒートになるかと思われた。だが、すぐにパレスピアが抜け出し、3/4馬身差をつけてゴール。3着のサーカスマキシマスには5馬身差をつける快勝だった。

 ジャックルマロワ賞といえば、1998年に名マイラー・タイキシャトルが制したことで、日本でもお馴染みのレース。それ以外にもミエスク、ドバイミレニアム、ドバウィ、日本で種牡馬として活躍しているマクフィなども制した世界的な権威のあるマイルG1だ。

 そんな伝統あるジャックルマロワ賞を制したパレスピア。3歳マイル王から、世界のマイル王にステップアップして、今後はどれだけ無敗で勝ち星を伸ばすのかに注目が集まる。

「ゴスデン調教師×デットーリ騎手」と言えば、エネイブルのタッグでも有名だ。前日に行われたギヨームドルナノ賞(G2)を制した仏ダービー馬・ミシュリフも同タッグによる勝利。エネイブルが出走を予定している凱旋門賞(G1)より一足早く、フランスで2日連続の重賞ジャックを達成した。

 昨年での引退を撤回して、史上初の凱旋門賞3勝に挑戦するエネイブル。そのため、今年の凱旋門賞を最後に引退することが濃厚と見られている。ゴスデン厩舎を長きに渡り支えた屋台骨がいなくなる日も近そうだが、パレスピアという新星が出現したことで一安心だろう。

 パレスピアは10月17日にアスコット競馬場で行われるクイーンエリザベス2世S(G1)を最大目標にしている。ちなみに、凱旋門賞が行われるのは10月4日。10月の欧州競馬は「ゴスデン調教師×デットーリ騎手」の最強タッグが席巻するかもしれない。

「ゴスデン×デットーリ」がフランスで大暴れ! エネイブル“後継候補”が5連勝でジャックルマロワ賞(G1)制覇!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?