NEW

「セガサミー」がダンス界の革新者へ!? プロダンスリーグ「D.LEAGUE」への参戦を発表

「セガサミー」がダンス界の革新者へ!? プロダンスリーグ「D.LEAGUE」への参戦を発表の画像1

 セガサミーホールディングスは2003年、大手パチンコ・パチスロメーカーのサミーが大手ゲームメーカーのセガを買収、経営統合したことで設立された。

 セガサミーグループは、サミーを中心とする遊技機事業、セガグループのデジタルゲーム事業を中核とするアミューズメント機器開発や施設運営、映像制作やトイなどを展開するエンタテインメントコンテンツ事業、ホテルの開発・運営等を手掛けるリゾート事業などで構成。

 新たな「遊び」の提供を目指す総合エンタテインメント企業として日本国内のみならず、欧米やアジアなどにも進出している。

 同社は2006年、社会人野球チーム「セガサミー硬式野球部」を創部。初代監督は元ヤクルトスワローズの青島健太が務め、2014年には元千葉ロッテマリーンズの初芝清監督のもと、日本選手権で準優勝を果たした。横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎をはじめ、多くのプロ野球選手を輩出していることでも有名だ。

 2018年にはプロ麻雀リーグ「Mリーグ」に「セガサミーフェニックス」として参加。監督は麻雀ゲーム「MJシリーズ」のディレクターでも知られる高畑大輔が務め、2019年にはファイナルシリーズ2位の成績を残した。

 また、過去には陸上部やスノーボード部もあった。

 このように、数々の競技に積極的に参加する同社は8月12日、Dリーグが主催するプロダンスリーグ「D.LEAGUE」への参戦を発表。チーム名は「SEGA SAMMY LUX(セガサミールクス)」とし、「Be a Game Changer」をチームスローガンに掲げた。

 D.LEAGUEは、日本のストリートダンスの発展と普及を図ると共に、ストリートダンスのプロフェッショナルを生み出し、アートとスポーツ、ビジネス面での新たな価値、ダンサーがメインとなる新しい世界を作るべく発足した日本発のプロダンスリーグ。

 同社の他、エイベックス、コーセー、サイバーエージェント、セプテーニ・ホールディングス、フルキャストホールディングス、ベネフィット・ワン、USEN-NEXT HOLDINGSがチームオーナーとして参画し、総勢8チームが2021年1月10日から始まる全12ラウンドのレギュラーシーズンを戦う。

 ちなみに、EXILEのHIROが同リーグのチーフクリエイティブアドバイザーを務める。

 同社はHP上で「セガサミーグループは、ダンスを通じた新たな『感動体験』を創造してまいります」(原文ママ)とコメント。「ダンス界の革新者として、D.LEAGUEと共に、世界に新たな光をもたらします」とのことだ。

「セガサミー」がダンス界の革新者へ!? プロダンスリーグ「D.LEAGUE」への参戦を発表のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!